安藤和津さん『“介護後”うつ「透明な箱」脱出までの13年間』刊行記念 12月22日(土)大垣書店イオンモールKYOTO店にて「トーク&サイン本お渡し会」開催!
イベント・ニュース

脳腫瘍と、それによる認知症、老人性うつ病を患った実母の介護を、10年以上。

 

『“介護後”うつ』の著者、安藤和津氏は、介護に加え、仕事、夫の映画製作で背負った借金の返済、子育て、更年期の悩み……すべてを抱え込むプレッシャーだらけの50代を送った。長年にわたり自分を追い詰めてしまった結果は、天性の明るいキャラクターと似合わない、13年間に及ぶうつ状態。料理ができない、記憶が飛ぶ、仕事に行けないなど、自分を保つことが危うい段階まで心身を崩したどん底状態から、今日の明るさと輝きを取り戻すまでを、嘘いつわりなくつづった感動のドキュメンタリーエッセイ。

 

親を介護中の人、その予備軍を中心に共感を呼び、多数メディアに取り上げられている。

 

 

刊行を記念して、京都の大垣書店にて、『トーク&サイン本お渡し会』を開催。

 

 

●開催日時 12月22日(土曜) 14時より

●会場   「大垣書店イオンモールKYOTO」 店内特設会場

●定員   先着40名様

JR京都駅 八条口より徒歩約5分
イオンモールKYOTO Kaede館2階

●お申込み方法 『大垣書店 イオンモールKYOTO』の店頭にて
対象書籍お買い上げのさいに、参加整理券をお渡しいたします。
(書籍は22日のイベント時にお渡しいたします)
★お電話でのお申し込みもできます。
お問合せ:075-692-3331

 

詳細は、大垣書店ホームページトップ画面→NEWSでも、ご覧いただくことができます。

http://www.books-ogaki.co.jp

 

※イベントは、予告なく変更・中止になる可能性がございます。
予めご了承ください。

 

『“介護後”うつ 「透明な箱」脱出までの13年間』四六判単行本 1300円

関連記事

この記事の書籍

“介護後”うつ

“介護後”うつ「透明な箱」脱出までの13年間

安藤和津(あんどう かづ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

“介護後”うつ

“介護後”うつ「透明な箱」脱出までの13年間

安藤和津(あんどう かづ)

RANKINGランキング