栗山英樹監督「鬼になって、伝えなければいけないことは、伝えていく」
イベント・ニュース

ryomiyagi

2019/12/17

12月9日、紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデンにて、『栗山ノート』刊行記念トーク&握手会が行われた。

 

司会進行は、イベント開始30分前に突然「指名」された担当記者3名。

 

100名のファンを前に、笑いがたえない公開取材を披露。

 

前代未聞のトークショーとなった。

 

撮影・編集部

 

「来年は競争の場所をたくさん作っている」
「打順はまったく気にしていない。日ごとに変わってもいいと思っている」

 

4番については「一番打つヤツ」と、即答。

 

激しい定位置争いを歓迎することを熱く語った。

 

「鬼になって、伝えなければいけないことは、伝えていく」

 

5位に終わったシーズンを振り返り、巻き返しを誓って前を向いた。

 

来季は心を鬼にして、日本一を奪還する。シーズンは、もう、始まっている。

 

『栗山ノート』の中に、こんな一文がある。

 

「いまこの瞬間ではなく、5年後でも、10年後でもなく、50年後にどう評価されるのかを意識して、私は監督という仕事に務めています。歴史上の人物にしても、必ずしも存命中に評価されたわけではありません。それでも、自分が生きる小さな世界を、自分が生きる国を、もっと言えば世界を豊かにするために、泥臭く汗をかいて、勇気と知恵を振り絞って、人生の炎を燃やし続けた。挫折を力に変え、敗北からパワーを得た。私も自分が前に進むために本を開き、そしてこの本を書いていきます」

 

撮影・編集部

 

「育てて、勝つ。勝ってまた、育てる。それができるか、できないかではない。やるしかないのです」

 

現代の「名将」から学ぶべきことは多い。

 

門外不出のノートを初公開した『栗山ノート』、好評発売中!

 

『栗山ノート』
栗山 英樹/著

Amazonで購入
関連記事

この記事の書籍

栗山ノート

栗山ノート

栗山英樹(くりやまひでき)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

栗山ノート

栗山ノート

栗山英樹(くりやまひでき)

RANKINGランキング