60年前の日本がカラー写真で記録されていた! 秘蔵写真の一部を公開(8)
ピックアップ

ふつうモノクロでしか見ることのできない昭和30年代の日本を、カラー写真で記録していた人物がいた。

 

アメリカ出身、日本と日本の鉄道をこよなく愛する、元祖「カラー撮り鉄」、J・ウォーリー・ヒギンズ氏。

 

1956年に、初来日。’58年に本格的に来日以降、日本に在住。国鉄の顧問を務め、日本全国をくまなく巡りながら、趣味の鉄道写真を中心に、当時としては超贅沢なカラーフィルムで日本の風景を多数撮影してきた。

 

そんなヒギンズ氏が、このたび出版した『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』から、いくつかの写真と、それにまつわる思い出話をご紹介する。

 

・・・・・・

 

 

井の頭線渋谷駅(渋谷区)1960年8月

 

 

これはマークシティができる前の井の頭線の渋谷駅だ。

 

渋谷駅を使って通勤していた頃は、よくホームの屋根がなくなるギリギリのあたりまで行って、井の頭線と玉電、そして銀座線の線路の終わりをカメラに収めたものだ。

 

当時に比べると今はホームが長くなった分、乗客は改札まで歩く距離も長くなった。

 

一方で、お金を使うマークシティには簡単に出られるようになっている。

 

・・・・・・

 

井の頭線渋谷駅付近(渋谷区)1959年4月24日

 

こちらは井の頭線(右)と玉電(左)が並んで渋谷駅へと入ってくるところを撮った写真だ。地下鉄銀座線の線路は、写真左の玉電の線路のさらに南(左)側にあった。

 

井の頭線と玉電が走っていた所には、現在はマークシティのビルが建っている。

 

銀座線の駅は東急東横店の3階と4階の間にあるが、銀座線の車両基地は、マークシティの3階にあるそうだ。

この記事の書籍

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本

J・ウォーリー・ヒギンズ
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本

J・ウォーリー・ヒギンズ

RANKINGランキング