二次創作とぼく『おとぎカンパニー』田丸雅智
ピックアップ

小さい頃、両親の教育方針で家には絵本がたくさんあった。最初は読み聞かせをしてもらい、後には自分で何度も読みこんだ。あるいは、祖母の影響もありそうだ。祖母の家に泊まりに行く日。夜になると、騒ぐぼくたちを寝かせようと、祖母はよく昔話をしてくれた。といっても、ぼくは大人しく話を聞いていたりはしなかった。祖母の話に割り込んで、勝手にめちゃくちゃな話を作って弟や従妹たちを笑わせて。自分の創作の原体験は、そんなところにあるのだなと思っている。

 

ぼくはショートショート(SS)という小説スタイルに特化した作家をしているのだけれど、現代SSとは簡単に言うと「短くて不思議な物語」。もっと言うと、「アイデアがあって、それを活かした印象的な結末のある物語」のことだ。

 

この要素、何かに似ていやしないだろうか。そう、まさしく童話だ。童話とSSは、とても近しい位置にあるのである。

 

拙著『おとぎカンパニー』では、童話の二次創作に挑戦してみた。選んだのはグリムやアンデルセンなどの海外童話。それをSSという観点で、自分なりに昇華することを試みた。

 

ただし、童話とSSは近いがゆえに、苦労したのが正直なところだ。すでに童話としての確固たるアイデアや結末が存在し、おまけに古今東西さまざまな二次創作の事例もある中で、さらにSS独自のアイデアや結末を生みださなければならなかったからだ。その結果がどうなったのか……それはぜひ、あなたの目でたしかめていただければ幸いだ。

 

祖母の話の邪魔をして拙(つたな)い空想話を披露する幼い自分に、今のぼくはこう伝えたい。将来、二次創作の本が出るよ、と。幼いぼくはきっと、ありえないとゲラゲラ笑うに違いない。

 

空想と現実は、いつだって紙一重なのである。

 

『おとぎカンパニー』
本体1400円+税

 

落とした単位をくれる女神様に、夕陽を売る少女!? みんなが知っている童話を、現代ショートショートの名手が大胆にアレンジ! 赤ずきん、ヘンゼルとグレーテルなど、著者初の全編書下ろし14編! 1話5分であなたをユーモア溢れる夢の世界に誘う!

 

PROFILE
たまる・まさとも 1987年、愛媛県生まれ。2011年、『物語のルミナリエ』(光文社文庫)に「桜」が掲載されデビュー。ショートショート大賞では審査員長を務める。著書に『海色の壜』など多数。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング