もっと徹底的に、もっと真剣勝負を——『終末少女』 古野まほろ
ピックアップ

bw_manami

2019/02/04

模倣から、私は始めます。

 

元々の職業が『警察官僚』なるものだったことによる——のかも知れません。作品を書き綴(つづ)ってゆくとき、全く新しいものを全く独自の考えで創ってゆく、というのは苦手です。先例・前例を調べ上げ、そこから自分の編み上げたい要素を拾ってゆく、というのが私の創作スタイルです。私に天才のかがやきとか、天賦(てんぷ)のきらめきといったものは皆無です。

 

今般のノンシリーズ新作『終末少女』の場合、その先例とはまず『アクロイド殺し』でした(他に『遊星からの物体X』『ランゴリアーズ』があります)。着想を得ながら幾度も読み返しますと、なるほど名著です。現代風にいうなら、超絶技巧……『そして誰も』にしろ『オリエント急行』にしろ『ABC』にしろ、クリスティの天賦の才には脱帽します。

 

ところが、私にはそのようなもの、ありません。私にできるのは、『アクロイド』なら『アクロイド』で、その肝(キモ)を何度も何度も繰り返して味わうことによって、その奇想とその制約を型(カタ)としたとき、『自分にはそのフィールドでどんな飛び方ができるか?』を考えること、それだけです。先人の偉大な型をベースに、型割れにならないギリギリのところまで型破りをやってみる——私の営業は、そんな営業です。

 

今般の『終末少女』では、もっと偏執的にやってみる、人間としてできるところまで執拗(しつよう)にやってみる——というのが『型』を前提とした『型破り』の方針でした。本格ミステリは読者と作者が戦う文学ですが、どうせ『仕掛ける』ならもっと意図的にもっと徹底的に、お互いの頭がくらくらになるまで戦いましょう——というのが本作のコンセプトです。といって、初読にまさか3時間を要するものではありません。盛りつけも色合いも、青春小説らしくあっさりさせています。

 

ただ、その気になっていただければ、生涯を通じ何度でも楽しんでいただける。そんなからくりを施した、我が師の『月光ゲーム』30周年に捧げる本格ミステリ、御賞味ください。

 

 

『終末少女AXIA girls』
本体2400円+税

 

世界の終わりは突然始まった。黒の海が大地を沈め、無数の「口」が全てを食い尽くしてゆく。終末から逃れ、天国のような孤島に着いた少女らは、遅れて流れ着いた、謎めいた漂着者らを助ける。しかしそれは、嘘と裏切りに満ちた殺し合いの始まりだった……!

 

PROFILE

ふるの・まほろ 2007年、『天帝のはしたなき果実』で第35回メフィスト賞を受賞し、デビュー。有栖川有栖・綾辻行人両氏に師事。近著は、『女警』など。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング