「シスパーレは15年かけて登った山」登山家・平出和也×作家・馳星周(2)
ピックアップ

bw_manami

2019/02/14

「厳しく、辛い。でも山は最高!」対談 全3回

 

撮影・馳星周氏

 

作家・馳星周氏は8年前から登山を始め、地元・軽井沢の浅間山から八ヶ岳、燕岳、常念岳、白馬岳、奥穂高岳など日本各地の名峰へカメラを手に登り、その美しい山容を撮影し続けている。

 

登山家にして山岳カメラマンの平出和也氏は、2008年に登山界のアカデミー賞といわれるピオレドール(金のピッケル賞)を日本人として初めて受賞し、2018年には同賞の2度目の受賞を果たしている世界的クライマー。三浦雄一郎氏の「80歳エベレスト登頂」もカメラマンとして同行し、NHK「グレートトラバース百名山一筆書き」の撮影も平出氏の仕事だ。

 

世界的に評価されながら更に挑戦的な活動を続ける平出氏に馳氏からのラブコールが届いての対談実現となった。会話は意外にも「寂しがり屋」という話題から始まり――。初対談を3回にわたりお届けします(2018年12月6日収録)

 

 

「人と競うことがちっぽけに思えてきた」

 

 さっきちょっと話してましたけど、登山を始める前は競歩をやられていたと。

 

平出 そうですね。

 

 それがどうして山になったんですか。

 

平出 やっぱり若い時って自分の人よりも優れたところを確かめたいというような気持ちがあって、となると人と競うしかないじゃないですか。人と競って勝ったり、一番でゴールテープを切ることで満足感を得ていたんですね。ただ、大学まで競技スポーツをずっとしていたんですが、人と競うことがちっぽけに思えてきたんです。何かを成し遂げたからってわけじゃないんですが、徐々に大人になってくると世界が見えてくるじゃないですか。自分が競技しているグラウンドの中でしか頑張ってないと。グラウンドを出ても強い人間でありたいなと思った時に、山登りってまさしく全て自分の責任においてやる活動だと。誰の責任にもできない。いま人の責任にできることっていっぱいあるじゃないですか。でも、全て自分の責任においてできることをしたいと。それが山だったと。やっぱり昔、父と登った山登りを思い出した時に、あっ、山って自由な発想で登る山を決められるし、メンバーを決められるし、道具も食料も全て自分で決めて……で、登っている最中も右から行くのか、左から行くのか、全て自分で決める。そして、自分で決めていれば、何かあっても自分の責任なわけなんで。

 

 

 そうですよね。うん。

 

平出 全て自分の責任においてやる活動をしたいと思った時に、山が一番マッチしたということです。

 

 山岳部に入られたんですか。

 

平出 入りました。大学の2年までは陸上部で、その年の夏に日本選手権で10番になったんです。それできっぱりと・・・。

 

 区切りをつけて。

 

平出 はい。まあ、人と競うことじゃなくて、自分と対峙するようなことをやりたいと。もちろん陸上でもね1歩前を走っている人を抜かそうというので自分をプッシュするわけですけれども、こんどは1歩前を走っている人じゃなくて、もう1人の自分と対峙したいなと。山だと、どうしても弱い自分が出てきますよね。

 

 出てきます、出てきます。

 

平出 正直じゃないですか(笑)。

 

 そう(笑)。

 

平出 でも、そこで諦めるのか、行こうとするのか、もちろんいろんな判断を含めて自分の責任においてやりたいと。ただ、その頃はまだよく分かってなかったですけどね。

 

 まだね、十九か二十歳ですもんね。

 

平出 実際に山を始めてみたらそんなに簡単ではなくて。イケイケで、敗退して帰るなんて考えられないというか、もう突っ込んで突っ込んで、どうしても視界が狭くなっていく。頂上しか見えなくて、怪我してでもいいから山頂に登りたいというような、やっぱり若さ故にそんなふうになって、凍傷になったりして。でも、その時に、これってやっぱり自分の責任においてやる活動だからこそ、この怪我があったんだと。身をもって経験して、「山で全ての責任を自分で負うって大変だな」というふうに徐々に理解していったんですね。

 

 

 若い時はしょうがないですよね。だけどね、それで命を落としちゃう人もいるわけだし。

 

平出 そうですね。幸い怪我くらいで済んで良かったんですけど。でも「あ、これなんだ、おれがやりたいの」っていう、そんなものを感じたのかもしれないですね。本当にやりたいことに出会うというのは、自分で気づけなかったりして、なかなかないと思うんです。

 

 たぶん僕はね、自分の本当にやりたいことに出会っちゃった。小説書くことですけど。たいていの人はやっぱりなかなか出会えないわけですよ。

 

平出 最初の頃は誰かが歩いた道をたどって登山道のあるところを歩いていて、でも感じるところがあって、そのうちに人が歩いていないところに行って自分が歩いたところが道になるような活動をしたいと思いだしました。

 

 僕は45歳から登山を始めたんで、もっと若い時に、体力のあった時に始めてれば、もっといろんな山に登れるのにと思うことがあるんです。新宿ゴールデン街でバーテンのバイトじゃなくて、山小屋の小屋番のバイトをしていれば良かったって、時々思いますよ(笑)。

 

平出 いまのいろんなスポーツって若い人が強いじゃないですか。場合によったら中学で世界一になっちゃって20代で終わりみたいな。でも登山て逆に年を重ねれば重ねるほど、より山の素晴らしさが分かるし、より奥深い山に行けるようになるという、そんな魅力がある。これは他のスポーツにはないところだと思います。

 

 年とって体力が落ちたら落ちたなりの登山ってあるじゃないですか。50歳過ぎて40代の頃のように登れば登るほど体力がつく感覚でなくなった時に、ここで無理して怪我でもしたり、次の日に歩けないということになったら嫌だな、とふと思って、別にそんな急がなくてもいいじゃない、ゆっくり登ればいいじゃない、と思うようになったのが去年くらいからかな(笑)。

 

 

平出 山登りで疲れにくいコツってゆっくり歩くことですね。それができるようになると山はもっと楽しくなりますね。あと、誰が行っても山は正直というか、贔屓しないじゃないですか。誰にでも同じように試練を与える。それがすごいシンプルでいいですよね。

 

 本当にシンプルだから面白いんだと思います。最初の頃は道具に走るじゃないですか。もっと軽い道具、もっと軽いウエアとか。で、ある時気づく、自分の体重を減らせばいいじゃんって(笑)。高いウエア買って500グラム減らすよりダイエットしたら2、3キロ減るじゃん。その方が肉体的にも楽になるし、何でいままでこんなシンプルなことに気づかなかったんだろうって(笑)。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング