真の成功者は、近づいてくる人間の下心を見抜いている。
ピックアップ

 

リストラされた、会社が倒産した、女に逃げられた。なんでもいい。どうにもならないくらいに落ち込んだとき、実はそんなときこそ本当の「成功者」になるチャンス!

 

逆境に陥った。あなたはどうする?

 

お酒をあおったりギャンブルに没頭しても、翌朝、問題が消え失せるわけではない。

 

信頼できる人に相談する、というのもひとつの手。でも、ここで気をつけなくてはならないのは、お金を貸してもらったり助けてもらうことによって、今までの友人関係がこわれるかもしれないということ。その覚悟を持たないと、もっと泥沼に落ち込むことになる。

 

また、あなたが困って相談しても、
「ことによりけりだね」
「ひとまず、静観しておくよ」
「不動産はいくつも持っているけど、自由に使えるお金がないんだよね」
「全部片づいたら戻っておいで……。いつでも受け入れるから……」
などと、さらりと言ってのける男。

 

結局、非情なそいつは何もしてくれませんよ。

 

さらに、一度頂点を極めた人間が逆境に立たされたときは、もっとキツい。

 

「成功者」の周りにいる人間は、基本的には利害関係で結びついている。逆境にあっては、それこそ潮が引くようにみんないなくなる。

 

成功する男は、周囲のそんな下心をあらかじめ見抜いている。

 

虎の威を借りて成功したり、幸運によって成功した者は、このときに、本来の自分の力に気づく。

 

「孤独であった」ということが、骨身にしみてわかる瞬間!

 

私はそんな場面を何度も見てきた。

 

人をあてにしてはならない。人は、その人のすべてにはなれないのだから。すべての問題を自分の力で処理する精神力を持たなくてはならない。最後に信じられるのは自分の力だけ。この覚悟なくして、真の「成功者」にはなりえないのだ。

 

逆境に陥ったら、誰も助けてくれないと思え。

 

 

以上、『新版 成功する男はみな、非情である。』(いつか著、光文社知恵の森文庫)を抜粋・一部改変して掲載しました。

関連記事

この記事の書籍

新版 成功する男はみな、非情である。

新版 成功する男はみな、非情である。

いつか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

新版 成功する男はみな、非情である。

新版 成功する男はみな、非情である。

いつか

RANKINGランキング