TAKAHIRO先生が語る欅坂46(1)
ピックアップ

撮影 篠山紀信

 

欅坂46など人気アーティストの才能を次々と開花させ時代をアップデートし続けている世界的ダンサー・TAKAHIROが綴る『ゼロは最強』が刊行されました
。刊行を記念して特別に一部を抜粋してお届けします。

 

 

 初めて顔を合わせた時は、「おとなしい方たちだな」と思った。けれど、抽象的な表現になってしまうが、それぞれが“何か”を持っている。その“何か”を見過ごさないように向かい合う。振り付け中、レッスン中に見つけた一寸の煌めき振りをダンスに反映していった。

 

 そして、出会いから3年以上が過ぎた。多くの時間を共に過ごすようになって見えてきた彼女たちは、さまざまな思いや葛藤を内に秘めながら、常に負けないように、届けるためにこの壁を乗り越えようとしている。「目立ちたい」「可愛く見られたい」というよりも「伝えたい!」という思いをとても強く感じる。作品ごとに表現への「熱」が彼女たちから湧き上がっており、僕に限らず関わるクリエイターたちはみなその熱に触発され、作品のたびに情熱を燃やしたくなってしまうのだった。

 

 グループには、1列目、2列目、3列目というポジションがあり、センターという立ち位置が存在している。全員を同じように前に出す、同じように見せるようにすることはエンターテインメントという枠において常に正解にはならない。エンターテインメントは見る人の日常の現象を少し超えた先にある。必勝法もない。曲の歌詞ごとに「この人が今はみんなの前に出なくてはいけない」とジャッジしていく。たとえば、以前のコンサートで、ダンスが苦手なメンバーが難しい振りをセンターで踊りこなすダンスだけのシーンを作ったことがあった。普通だったら、一番上手な人が常に前に出ていればいいと思うけれど、〝今だからこそ、この場所に、この人が〞というシーン、ストーリーが必ずある。メンバーそれぞれが「今」持っている魅力を見過ごさないように、向き合いたい。 

 

 メンバーは、ひとつひとつの作品に対して、じっくり考えじっくりと向き合っている。彼女たちが何よりも大事にしているのは、「歌詞を伝えよう。この歌の思いを伝えよう」という思いだ。歌詞を伝えるために自分はどのような役割をすることが最善なのだろうか、と常にベクトルが作品を作ることに向いている。聴いてくださる方が、この曲から何かを感じて欲しい。そう思って何度も練習をしている。

 

 

以上、『ゼロは最強』(TAKAHIRO著)を抜粋・一部改変して掲載しました。

 

 

『ゼロは最強』出版記念イベント開催!
https://honsuki.jp/news/12395.html
イベント終了後、両日とも梅津貴昶『天才の背中』とTAKAHIRO『ゼロは最強』発売記念サイン会を開催します(24日日曜日17:00~予定 25日月曜日21:00~予定)
ホールホワイエにて新刊の販売もいたします。当日券もあります。

関連記事

この記事の書籍

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

ゼロは最強

ゼロは最強

TAKAHIRO

RANKINGランキング