ひとりの若き天才の生き様『介錯人』辻堂魁
ピックアップ

bw_manami

2019/02/28

三田村鳶魚(えんぎよ)は、武士の切腹の介添役、すなわち介錯人について、このように記している。

 

「往々、若侍が客気にはやって志願し、失敗を演じた。そのために、介錯人が責任をとるということはなく、その場限りにするのが例であった」

(『三田村鳶魚全集』より)

 

 切腹は、武士が自裁することにより自ら責任を果たす行為であった。武士が切腹を許されたということは、武士の責任を果たしたと認められたのであり、切腹した武士には葬儀が許され、切腹しなければならなかった咎めが、一門におよぶこともなかった。無法を働いた武士には、切腹という死は許されなかった。ゆえに、切腹を許された武士の介錯人は、練達の士であるのは言うまでもないが、かつ士分、それも一廉(ひとかど)の者でなければならなかった。

 

 介錯人は切腹場において切腹人に、「士分でござる」あるいは、「槍ひと筋の者でござる」と、高らかに言い聞かせるのが作法であったと、これも鳶魚は書いている。

 

 介錯人・別所龍玄の物語は、「士分でござる」「槍ひと筋の者でござる」と高らかに言い聞かせる士分、あるいは槍ひと筋の者が、いかなる者かを考えたときから始まった。

 

 鳶魚の言う、「客気にはやって」介錯役を志願した若侍たちは、剣の腕のみならず、身分家柄、由緒ある血筋においても、相応の気位を持っていたのに違いない。

 

 しかしながら、別所龍玄は市井の年若い浪人者にすぎず、身分家柄、由緒ある血筋はない。彼にあるのは、介錯人として生きた市井の武士の、潔さや勇気、人への慈愛、おのれを失わぬ強い意志のみなのである。誇るべき身分家柄、気高き血筋なき者だからこそ、別所龍玄は生き始め、天稟の剣の腕を持つ介錯人・別所龍玄の物語は生まれた。すなわちこの物語で描いているのは、武士の切腹と介錯ではなく、別所龍玄というひとりの若き天才の生き様なのである。

 


『介錯人』

 

不浄な首斬人と蔑まれる生業を継いだ別所龍玄。父に代わって首打役の手代わりを始めたのは十八の春であった。腕利きの彼の元には、外には出せないお家の事情を抱える武家から、切腹の介添役の依頼がくるようになる。凜として命と向き合う、若き凄腕介錯人の矜持。

 

PROFILE
つじどう・かい 1948年高知県生まれ。いくつもの人気シリーズをもつ。大ベストセラー「風の市兵衛」シリーズで、第5回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。テレビドラマ化もされる。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング