『腸詰小僧』著者新刊エッセイ  曽根圭介
ピックアップ

bw_manami

2019/08/28

変身願望

 

学生時代、バイト先の同僚に「今、女装にはまってるんだ」と突然告白されて面喰らったことがある。彼は女装サロンの会員になっていて、そこでメイクをしてもらって女性物の服を身に着けると、えも言われぬ幸福感に包まれるのだという。同好の士とのおしゃべりもストレス解消になるとのことだった。彼は私より二十歳以上も年長で妻子もいた。少し風変わりな人だったので女装趣味についてもあっけらかんと語ったが、聞かされた私の方は、どこから見てもオッサンの彼が、女性に成りきり鏡の前でうっとりしている姿を想像してドン引きした。そんな私を尻目に、彼は「四十年以上も俺をやってると、俺でいることに飽きてくるんだよ」と、聞きようによっては哲学的と解釈できなくもない言葉をつぶやいた後、こう続けた。「きっと君も俺の歳になれば分かるよ。君は若いころの俺に、どことなく似てるから」

 

そのときの彼の予言者めいた眼差しと断定口調を、私は今でもありありと思い出すことができる。

 

月日が過ぎて私も五十の坂を越えた。当時の彼の年齢をとうに過ぎたことになるが、わが胸に手を当てても、化粧をしたいとか、ハイヒールを履きたいとかいった心の声は聞こえてこない。どうやら私はまだ自分に飽きてはいないらしい、と安堵していたところ、先日、ふと気がついた。

 

私は小説を書いているとき、登場人物が自分の性格と違えば違うほど筆が進む。おそらく私は、書くことで変身願望を昇華させていたのだ。ことに短編は、長編では主人公になりえないロクデナシや変態キャラを語り手にできるのですこぶる楽しい。自他ともに認める怠け者の私だが、短編に取りかかっているときだけは寝食を忘れるほどだ。

 

そうやって数年にわたって書き溜めた短編七作を、このたび『腸詰小僧』として上梓できる運びとなった。いずれも渾身の作なので、お手に取っていただけたら幸いである。

 

『腸詰小僧(ちようづめこぞう)』
曽根圭介短編集/著

 

女性をソーセージにしてマスコミに送りつけ、日本中を震撼させた腸詰小僧の独占インタビューに成功した西嶋だったが、記事掲載を発端に困難な事態に。追い詰められた西嶋は——。どいつもこいつもロクデナシ。でも不思議と痛快な極悪ミステリー全7編!!

 

PROFILE

そね・けいすけ

1967年静岡県生まれ。2007年、「鼻」で日本ホラー小説大賞短編賞、『沈底魚』で江戸川乱歩賞を受賞。’09年、「熱帯夜」で日本推理作家協会賞〈短編部門〉を受賞。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング