ひふみん、数々の“一二三伝説”の真相を語るー『対局中に滝を止めさせた伝説』について
ピックアップ

bw_manami

2019/10/25

 

将棋界のレジェンド・加藤一二三九段のエッセイ『一二三の玉手箱』(光文社知恵の森文庫)では、数々の「伝説」についてご本人がマジメに真相を解説しています。

 

今回は、なかでも有名な『対局中に滝を止めさせた伝説』について、ご自身の弁をご紹介!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『対局中に滝を止めさせた伝説』とは?

 

とある旅館でタイトル戦の対局中、庭の滝の音が気になって仕方がなくなった加藤一二三九段。そこで加藤一二三九段は旅館の方を呼びつけ、なんと、その滝を止めさせてしまったことがあるとか。

 

【本人の証言】

 

自分でもそのことをほとんど忘れていましたが、つい最近羽生善治さんとお話しする機会があり、羽生さんにこういわれたんですね。

 

「私がタイトル戦であちらこちらにいくと、『ここで加藤先生に滝を止めるようにいわれました』ということを係りの人にいわれます」と。

 

続けて羽生さんは「私もノータイムで滝を止めてくださいとお願いしています」というんですよ。

 

それで私が羽生さんにこういうんですよ。

 

「そうそう、そういえば私が滝を止めたことが2回ぐらいあったですかね」と。

 

そうすると羽生さんがサービス精神を発揮して、少しにこっと笑ってこういうんですよ。「いやー、私が聞いたところでは5回ぐらいありますよ」と。

 

少なくとも2回ぐらいは記憶がありまして、ひとつは天童での対局のときに、滝ではなく水車でした。庭でゆっくりゆっくり水車が回っているのですが、音がするんですよ。対局中にそれが気になりますから、それを止めてもらいました。

 

それともうひとつは箱根の旅館で、滝の音がするんですよ。滝の音は対局で考えているときには耳障りですよね。もちろん自然の滝では止めることはできないので、滝とは人工の滝です。人工の滝だったので止めてもらうことにしました。

 

ですから滝を止めたという話は2回ほどは思い当たることがあるのですが、あとの2回か3回は、あったのでしょうけど、記憶にはないです。

 

※この記事は『一二三の玉手箱』(加藤一二三・著)より、一部を抜粋・要約して作成しています。

関連記事

この記事の書籍

一二三の玉手箱

一二三の玉手箱自分らしく生きる

加藤一二三(かとう ひふみ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

一二三の玉手箱

一二三の玉手箱自分らしく生きる

加藤一二三(かとう ひふみ)

RANKINGランキング