クローゼットは7、8割完成くらいが丁度いい/地曳いく子の『おしゃれは7、8割でいい』
ピックアップ

ryomiyagi

2019/10/24

全部そろえたときに起こること

 

おしゃれの話と離れますが、以前、こんなことがありました。

 

バブルの頃、とてもお金持ちの友達が家を建てて、当時まだ出たばかりの大型薄型テレビを居間に設置し、お風呂にもテレビを入れて、家中、“当時の”最新式のものですべてそろえたのです。

 

当時、そんなに大きな薄型テレビはまだ珍しかったのでみんなで見にいきました。

 

ですが、それはまだ出始めだったので、画面比率の調整もうまくいかず、画面がやたら横に引き伸ばされて見えたりしていましたし、何より、その薄型テレビでさえ、厚さが15センチくらいあって、今の感覚でいえばぜんぜん薄くなかったのです。

 

とくにバスルームに設置したテレビはブラウン管だったので今では映らなくなってしまい、せっかくの素敵な設備が無用の長物になってしまいました。

 

2~3割の隙間に時代の風を

 

つまりこれも、完璧だと思ったその瞬間から、ものごとは古くなっていくということの例(まあ、こういうチャレンジャーがいるからこそ、家電もファッションも進化するのですから、ありがたいことではあるのですが)。

 

完璧に整えるのはいいことのような気がしますが、こんなリスクと背中合わせでもあるのです。

 

やっぱり人は、「ちょっと不便だな」「あれがあったらいいだろうな」と思っている方が楽しいし、その気持ちがあるからアップデートしていけるんだなと実感しました。

 

クローゼットも家も、そして人生も、「2~3割の隙間」を持つことが、時代の風を感じながら生きるコツと言えるかもしれません。

関連記事

この記事の書籍

おしゃれは7、8割でいい

おしゃれは7、8割でいい

地曳いく子(じびき・いくこ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

おしゃれは7、8割でいい

おしゃれは7、8割でいい

地曳いく子(じびき・いくこ)

RANKINGランキング