城戸喜由 反共感主義に激しく共感 「暗黒残酷監獄」
ピックアップ

ryomiyagi

2020/03/16

ポスト・トゥルースの時代という言葉が示す通り、真実よりも感情が優先される現代は共感型社会であると言えます。

 

SNSで価値観の同じ人をフォローし、わかりみの深いツイートをいいねし、意見の違う人は気軽にブロックする。そうやって自分の見える範囲を好きなものだけで固めれば、そこには共感で溢れた幸せな世界が広がっているはずです。

 

本当にそうでしょうか?

 

共感できないものを排除しようとする人がいます。理解できないもの、異質なもの、相容れないもの、嫌いなもの。それらを否定するのも批判するのも自由です。しかしそれらの存在を「なかったことにする」のは絶対に無理なわけで、その絶対に無理なことを望んでいる人はとてつもないフラストレーションを抱えて生きることになります。

 

どうして人は共感を求めるのでしょうか?

 

共感とは、身も蓋もなく言ってしまえば、自問自答を他者の意識を使って行う不確定で高コストな行為です。

 

わざわざそんな壮大な無駄を行うからには、何か切実な理由があるかと思われます。

 

当初、受賞作は共感型社会に適応できなかった人に向けて書かれた作品のはずでした。

 

感情移入とかどうでもいい、共感なんてクソ食らえ。私が読者として想定したのはこういう人でしたが、後からよく考えてみると、このように開き直って超然としている人は、実は誰よりも共感型社会に適応している気がします。

 

共感型社会に適応できなかった人というのは、むしろ共感を求めすぎてしまった人なのかもしれません。

 

受賞作はそのような人にこそ読んでもらいたいです。読書は自分の追認行為ではなく未知との遭遇だと思いますので。タイトルの矛盾を受け入れて生きていくことが、人生なのだと思います。

 


「暗黒残酷監獄」光文社
城戸喜由/著

 

【あらすじ】友人は皆無の高校生・清家椿太郎。ある日、姉の御鍬が十字架に磔となって死んだ。彼女が遺した「この家には悪魔がいる」というメモの真意を探るべく、椿太郎は家族の身辺調査を始める。選考会を白熱させた第23回日本ミステリー文学大賞新人賞史上最年少受賞作。

 

PROFILE
きど・きよし 1990年北海道生まれ。北海道在住。『暗黒残酷監獄』にて第23回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、デビュー。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング