天祢涼 ラブコメなしでは生きられない『境内ではお静かに 七夕祭りの事件帖』
ピックアップ

ryomiyagi

2020/03/18

本作は『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』の続編である。信心ゼロの雑用係・壮馬と、「参拝者に愛嬌を振り撒くのは巫女の務め」と信じるクールビューティーな巫女・雫のコンビが神社に持ち込まれる事件やトラブルを解決していく連作短編。

 

たくさんの応援のおかげで、二作目を書くことができた。

 

一作目はミステリーとしても評価いただいたが、作者としては壮馬と雫のいちゃいちゃ(?)が主眼だと思っている。このシリーズはあくまで「ラブコメ」なのだ。

 

なお、作者は他社で「社会派」と呼ばれるシリアスなミステリーも書いている。この路線で書いた『希望が死んだ夜に』という小説は、光栄にもたくさんの書店員さんに支持してもらい、昨年の本屋大賞発掘部門で最多票を獲得した。「君はシリアス路線の方がおもしろいから、それ一本に絞った方がいい」と言われることもある。

 

私の場合、この言葉に従ったら確実に小説を書けなくなる。

 

シリアス路線の小説は、どうしても人間の残酷さや醜さといった闇の面に筆を割きがちだ。そうしたものだけを延々と書いていては「人間の悪いところ」しか見られなくなり、小説の内容がどんどん平板になっていくことだろう(繰り返すが「私の場合」である)。

 

対してラブコメ路線の小説は、人間のおかしさや楽しさといった光の面を描くことができる。「人間のいいところ」という、ともすれば忘れがちなことを思い出させてくれる。

 

つまり私にとって、シリアスとラブコメは「人間」を多面的に見るために、どちらも必要不可欠なのだ。

 

……などと尤もらしい御託を並べておいて恐縮だが、単純に「壮馬と雫を書くのは楽しいから書き続けたい!」という気持ちが強い。なんとか四作目までは書きたい(構想は六作目まである)。一作目に続き応援いただければうれしい。

 


『境内ではお静かに 七夕祭りの事件帖』著者新刊エッセイ
天祢涼/著

 

【あらすじ】源神社で働く坂本壮馬は「名探偵」の美少女巫女・久遠雫に想いをよせるが、いつもクールな雫の心はわからない。謎やお悩みを鮮やかに解決する二人だが、その恋の行方は、神さまにもわからない?

 

PROFILE
あまね・りょう 1978年生まれ。『キョウカンカク』で2010年にデビュー。’12年『葬式組曲』など本格ミステリーでの評価が高いが、一方、’17年文庫化の『希望が死んだ夜に』は社会派ミステリーとしてロングセラーに。著書多数。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング