イスラム国に拘束されたカメラマン「こんな拷問を受けていた」
ピックアップ

イスラム国の広報ビデオより

 

イスラム国(IS)に誘拐されたデンマーク人のカメラマン・ダニエルは、13カ月にわたる拘束の末、ようやく解放された。24歳の彼は、拘束中、日常的な暴力や拷問を受けていた――。

世界で初めてISの内部を詳細に記録した『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』(光文社新書)から、その拷問の一部始終を紹介する。

 


 

ダニエルはそれまで固定されていたラジエーターから解放され、別の部屋に連れていかれた。そこで目隠しを外されると、座り心地のよさそうな肘掛け椅子と木製の机が見えた。

 

机の向こう側に、覆面の男が座っている。どうやらこの男が自分に尋問するようだ。ダニエルは床に座り、質問に答えるよう命じられた。だがいずれも、これまでに何度も答えた質問ばかりだった。

 

「名前は?」

「ダニエル・リューです」

「どこから来た?」

「デンマークです」

「誰に連れてきてもらった?」

「友人です」

 

覆面の奥から聞こえてくる声は、とても若そうだった。20歳ぐらいだろうか。英語を多少話せるために尋問を任されているのだろうとダニエルは思った。尋問者は、ダニエルが本当のことを述べていないと一蹴した。

 

「われわれはおまえが何者か知っている。うそをついていることもな」

 

ダニエルはロビーのラジエーターのところに連れ戻された。

また一晩、水も食べものも与えられないまま、あぐらをかいた姿勢で過ごすと、再び尋問者の前に引き出された。

 

「本当のことを言え。われわれにはもうわかっているが、おまえの口から聞きたい!」

 

尋問者が叫ぶ。だがダニエルは、同じ情報を繰り返すだけだった。ダニエルの後ろで、何やらがそごそ音がする。何をしているのか確かめようとする間もなく、数人の手がダニエルを仰向けに押し倒すと、タイヤの穴にダニエルの曲げた膝を押し込んだ。

 

そして、タイヤの穴から突き出た膝の裏側に棒を通し、タイヤを外せないように脚を固定すると、今度はダニエルを腹這いに転がした。裸足の足裏を上に向けた格好になった。

 

ダニエルは苦しそうにあえいだ。

 

焼けつくような痛みが体を貫いた。番兵たちがケーブルかパイプのようなもので彼の足を容赦なく叩きのめし始めたのだ。ダニエルが叫び声を上げると、あばらや肩にスタンガンを押しつけられた。

 

やがて暴力がやみ、痛みもやんだ。誰かがタイヤを外すと、ロビーのラジエーターのところまでダニエルを引きずっていき、またそこに手錠で固定した。しかし、それから数時間が過ぎると、また一から始まった。

 

「よお、ダニエル。覚悟はいいか?」

 

太い声が叫ぶ。ダニエルには、その夜ロビーに響いた声に聞き覚えがなかった。だが間もなく彼は、その声の主の正体を知ることになる。それは、アブ・フラヤという仮名で呼ばれる拷問人だった。

 

アブ・フラヤは、ダニエルの手錠をラジエーターから外すと、その後ろにつき、まだ見たことのない部屋へ連れていった。そしてダニエルの手首のまわりに泡を塗り、また手錠を掛けた。

 

「両手を上げろ」

 

アブ・フラヤはそう言いながら椅子の上に立つと、天井に取りつけたフックから鎖を引っ張り出し、手錠につないだ。ダニエルの体は、完全に伸びきった状態になった。足の裏を床につけて立ってはいるが、腕は天井へ向けてまっすぐ伸ばしたままだ。手錠の内側の泡が滴り落ち、鋭い鉄が手首に食い込む。

 

「また明日な。それまでに話す気になるかもしれないが」

 

アブ・フラヤは快活な声でそう言うと、部屋を出ていった。ダニエルは天井から吊り下げられたような状態で取り残された。手や腕の感覚は瞬く間になくなった。その代わりに、ひりひりするような痛みが絶えず体全体を貫いていく。

 

ダニエルはこれまでに感じたことのないほどののどの渇きを覚え、何リットルもの水を夢想した。ダニエルは一晩中、天井から床へまっすぐ体を伸ばした状態で立ち続けた。

 

そんな状態が続くと、やがて足元の石床の模様がぼやけ、生きものに見え始めた。床全体が毒虫に覆われている幻覚に襲われ、恐怖のあまり小便をもらした。

 

シリアでは何十年もの間に、拷問が訳のわからない芸術の域にまで発展していた。独創的で効果的な拷問になると名前がつけられ、大半のシリア人に知れ渡っていた。

 

ハーフィズ・アル・アサド政権、およびその息子の現政権を通じて、何千ものシリア人が政府や軍による拷問を受けた。囚人にとって拷問はもはや当たり前のことであり、異例なことではないのだ。

関連記事

この記事の書籍

ISの人質

ISの人質13カ月の拘束、そして生還

プク・ダムスゴー/著 山田美明/訳

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

ISの人質

ISの人質13カ月の拘束、そして生還

プク・ダムスゴー/著 山田美明/訳

RANKINGランキング