「山奥ニート」のリアル#8 ネットさえあれば、限界集落でもひきこもれる
ピックアップ

BW_machida

2020/06/23

 

和歌山県の限界集落で集団生活を営む「山奥ニート」。
集落のお爺さんやお婆さんのお手伝いなどをしてお小遣いを稼ぎ、なるべく働かずに生きていくことを実現した彼らの暮らしを、『「山奥ニート」やってます。』(石井あらた著・光文社)から全12回にわたって紹介します。

 

坂口恭平という人が著書『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』で、森に自然の恵みがあるように、都市には都市の恵みがある、と言った。

 

それに倣えば、僕らも自然の恵みの他に、都市の恵み……いやもう少し広く、文明の恵みと呼ぶべきものを受け取っている。

 

文明がもたらすものは、大なり小なりお金を支払わなければ受け取ることができない、と思われている。

 

でも、中にはそうじゃない、稲穂に米が実るような、そんな恵みもある。

 

たとえば、山奥ニートの元にはよく支援物資が届く。

 

インターネットは世界の距離を大きく縮めた。

 

山奥の出来事を、全世界に向けてすぐに発信できる。

 

僕はブログを書いたり、ユーチューブで生放送したりしている。

 

ニートが集まって、山奥で暮らしている。それだけのことだけど、面白いと思ってくれる人がいくらかいて、応援してくれている。

 

今までにいろいろなものが送られてきた。

 

スパゲティ、DVDとそのプレイヤー、ボードゲーム、ウィンナー、電気ケトル、布団と毛布、大量のお菓子、服、本、漫画、電動ドライバー、草刈り機、などなど。とても書ききれない。

 

支援物資には僕が欲しいと言ったものもあるし、家に眠っていたものを送ってくれたものもある。

 

新しいものを買って送ってもらえるのはありがたいけど、ちょっと気が引ける。

 

送り主が使ってないけど、僕らが欲しかったものが送られてくるのが一番嬉しい。

 

この現代社会、ものはすでに余っている。

 

たとえば、寝袋やテントなどのキャンプ用品。

 

使われていない、そして使う予定のないキャンプ用品を日本中から集めたら、数千個、もしかしたら数万個あるんじゃないかと思う。

 

それらを山奥に集めたら、何人が生活できるだろう。

 

服だってそうだ。僕はもう、一生服を買わなくてもいいんじゃないかと思っている。

 

サイズが合わなくなった服を山奥に送ってもらって、ストックしておいて、山奥ニートが好きに選んで着る。そんなことができれば、働いてお金を稼ぐ理由がひとつ減る。

 

大量生産、大量消費の世の中。そのペースは衰えることを知らない。

 

今この瞬間も、新しい商品が作られている。

 

ということは、その分、古くなったものは捨てられる。

 

その捨てられるものだって、まだ使えるものが多い。

 

たとえば、僕らの家では今でもニンテンドー64が現役だ。

 

発売から20年以上経つけど、今遊んでも十分面白い。

 

これを今の最先端のゲームだと思いこんで、遊んでみる。

 

古くなったゲームは遊ぶ人が少ないから、安く手に入る。

 

コントローラーのボタンが壊れたから、ネットで譲ってくれるようお願いしたら、すぐにたくさん送ってもらえた。おまけにソフトも同梱されていた。

 

最新のゲームソフトが無料で送られてくることは、まずありえない。でも、古いものだったらそれがありえる。

 

時間軸をずらすことによって、対価が必要な商品から無償で受け取れる恵みに変わる。

 

最新のゲームはグラフィックがきれいだし、システムも進化していて面白いだろう。でも、最新のゲームを遊ぶ一番の価値は、その楽しさを共有する相手が多いことにある。

 

集まって住んでいれば、昔のゲームでも楽しさを共有できる。

 

広告は最新のものを買えと呼びかけてくるけど、山奥ならそれを目にすることもない。

 

もちろん型落ちだからと言って、すべてが安くなるわけじゃない。中には何年経っても安くならないものもある。

 

そもそも、支援物資だって、もらえるかどうかは不安定だ。欲しいと言ったものが必ずもらえるわけじゃない。送ってくれる人がいて、初めて成立する。

 

自然の恵みも、文明の恵みも、不作なことがある。

 

恵みだけに依存してはいけない。

 

恵みを受け取れるかどうかは、天の思し召し次第だ。

 

大昔、人々が神に祈って雨を待つしかなかったように、僕もブログを更新して、“神”が現れるのを待つ。

 

恵まれないときは、そのときだ。

 

というか、得られないのが当たり前だから、恵みなのだ。

 

だから、それが得られたときには感謝を忘れてはいけない。

 

自然に感謝。文明に感謝。

 

本日も生存させていただき、ありがとうございます。

 

どうか次も、恵みをください。

 

そのために、今日も祈りを捧げます。

関連記事

この記事の書籍

「山奥ニート」やってます。

「山奥ニート」やってます。

石井 あらた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

「山奥ニート」やってます。

「山奥ニート」やってます。

石井 あらた

RANKINGランキング