『ワンさぶ子の怠惰な冒険』著者新刊エッセイ 宮下奈都
ピックアップ

BW_machida

2021/03/09

おかしな冒険譚

 

三年ぶりに出る新刊が、おかしな本になった。ずっと冒険譚を書きたいなぁと考えていたのはほんとうである。ただ、それがこんな形になるとは思っていなかった。

 

ワンさぶ子というのは、うちで暮らす白い柴犬だ。彼女と彼女の家族(人間)の日々を、「Mart」で三年間連載させてもらった。楽しかった。ワンさぶ子は、胸を張って散歩をし、ボール遊びをし、人が来れば吠える。あとは、だいたいお昼寝をしている。どこが冒険譚なのかと問われれば、返答に詰まる。ただ、彼女は毎日の散歩で、家族とのやりとりで、庭に来るカラスとの対話で、新しい何かを発見して成長していく。茶色くて賢そうな目には、精神的な冒険が映っている。

 

ワンさぶ子はいい。三年間「精神的な冒険」をしていただけでゆるされる。かわいいからだ。そして何より、犬だからだ。しかし、飼い主はどうだろう。読み返してみたら、私も仕事量としてはワンさぶ子並みだった。ほとんど「精神的な冒険」しかしていなかった。愕然とする。

 

三年寝太郎という人が、昔、いたらしい。三年寝ていて、ある日突然起き、めざましく働いて大活躍をしたという。寝太郎はいいなあ、と思う。どんなに寝ていても、ちゃんと目を覚ました。ワンさぶ子もいいなあ、と思う。家族もいい。子供たちは活躍はしないまでも、それぞれの持ち場でちゃんと大きくなった。夫もよく働いていた。唯一寝たままの寝太郎だったのが私だ。この三年寝ている間に、単行本が三冊、文庫が三冊出た。旅行に行った。コンサートにも行った。子供たちが家を出た。小説が二度、映画になった。新しい友達ができた。父が突然亡くなった。そして、晴れた日も、雪の日も、毎朝毎夕ワンさぶ子と散歩に出かけた。それらを「精神的な冒険」と呼んで心を鎮めたいと思う。読んでくれた方が、これでいいのか、と内心でホッとしてくれたら、著者としてはたいそう幸せである。

 

『ワンさぶ子の怠惰な冒険』
宮下奈都/著

 

【あらすじ】
北海道トムラウシの山村留学から福井に帰ってきた宮下家には、白い柴犬ワンさぶ子が家族の一員に。三人の子供たちは、大学生高校生中学生となり、それぞれが自分の道を歩き始めていく。広がる世界、かけがえのない音楽。宮下家五人と一匹の三年間の記録。

 

【PROFILE】
みやした・なつ
1967年福井県生まれ。2004年「静かな雨」で文學界新人賞佳作に入選してデビュー。『羊と鋼の森』で本屋大賞受賞。ほかに『スコーレ№4』『神さまたちの遊ぶ庭』『つぼみ』など。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング