結婚3年目。夫婦仲良好。でも、「できない」――!?アラサー処女妻の妊活エッセイ
ピックアップ

ryomiyagi

2021/03/12

「なんで私は“普通”のことが“普通”にできないの?」――
29歳で妊活を始めた主婦ブロガーには、ある秘密があった。それは、“処女”だということ。しかも夫婦はセックスレス。一念発起し脱処女&セックスレスに果敢に挑むも、空回りの連続。迷走を深めていった先に待っていたものとは……?笑いあり、涙ありのノンフィクション妊活奮闘記『奥さまは処女』(光文社)がついに書籍化!

 

処女のまま結婚、そしてセックスレスに突入

 

2人は、ごく普通の恋をし、
ごく普通の結婚をしました。
ただ1つ違っていたのは――
奥さまは「処女」だったのです!

 

本書の著者・うなぎさんが結婚したのは26歳のこと。5年間の遠距離恋愛を経ての結婚でした。その時点でうなぎさんは処女。けれどもそのことを特に深刻には考えてはいませんでした。
というのも、夫であるゴロさんと交際していた5年間はずっと遠距離恋愛。そもそもあんなことやこんなことをする機会がなかなかないという状況でした。

 

 

それでも「いつかはきっと……」と考えていたものの処女の状態をキープ。結婚式ではバージンロードを本物のバージンとして歩きました。
そうして始まった結婚生活は順調そのもの。毎日キスは交わすし、外出時には手もつなぐ仲良しぶり。しかし2年半の結婚生活を過ごしても、うなぎさんは処女のままでした。

 

 

2年半の新婚生活の中で夜のスキンシップ回数は2回。「病気など特別な事情がないのに月1回以上性交渉がないこと」、というセックスレスの定義で言えば、うなぎさんはぶっちぎりでセックスレスだったのです。

 

「妊活しようにも、まだ処女だった!」

 

処女でセックスレス。うなぎさんがそのことを焦りだしたのは身近な人に子どもが生まれてからのことでした。それまでは、夫婦の生活を楽しみたいし働きたいと子ども持つことを真剣に考えていなかったといいます。

 

ところが、大好きな姉や、一番の親友に子どもが生まれたことで、心境に変化が起きました。身近な人から生まれた赤ちゃんがめちゃくちゃ可愛かったのです。なんだ、この可愛いい生き物は!? という感情があふれました。さらに、姉や友人が、苦しみながら子育てをしている様子を見て、私も子どもを産みたいと現実的に考えるようになったのです。

 

そこでうなぎさんは気づきます。「妊活しようにも、まだ処女だった!」と。
こうして29歳処女妻の妊活が始まりました。

 

 

超草食系夫との妊活は前途多難!

 

夫のゴロさんに子どもが欲しいことを伝えたうなぎさんでしたが、セックスレスの状態に変化はなし。当時発売されたばかりのゲームの攻略に熱中するゴロさんを横目に、うなぎさんは「こっちの攻略も、はよ!」とフラストレーションを募らせます。

 

 

そんな草食系のゴロさんをその気にさせるため、うなぎさんはあらゆる手を尽くしますが……。

 

 

そのチャレンジはことごとく失敗に終わることに。
果たしてうなぎさんは処女を卒業し妊活を成功させることができるのか?!
結末はぜひ、『奥さまは処女』でご確認ください。

 

文/藤沢緑彩

関連記事

この記事の書籍

奥さまは処女

奥さまは処女

うなぎ(原作) 梅林イクミ(漫画)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

奥さまは処女

奥さまは処女

うなぎ(原作) 梅林イクミ(漫画)

RANKINGランキング