どうしても「入らない」…“主婦なのに処女”の妊活を救ったアイテムとは?
ピックアップ

BW_machida

2021/03/22

「なんで私は“普通”のことが“普通”にできないの?」――
29歳で妊活を始めた主婦ブロガーには、ある秘密があった。それは、“処女”だということ。しかも夫婦はセックスレス。一念発起し脱処女&セックスレスに果敢に挑むも、空回りの連続。迷走を深めていった先に待っていたものとは……?笑いあり、涙ありのノンフィクション妊活奮闘記『奥さまは処女』(光文社)がついに書籍化!

 

アラサー処女妻、「膣ケア」始ました

 

結婚3年目。処女歴29年。妊活中のうなぎさんは悩んでいました。
それは、「入らない」ということ。セックスレスの中、まれに夫と良い感じになっても最終的にはできないまま終わってしまう日々。そんな状況を打破すべく、うなぎさんは己の洞窟を開拓することにします。

 

 

うなぎさんにとっては、自分の体の一部ではあってもアマゾンの奥地並みに未知の場所。
まずは生理用タンポンを使うところから始めようとしますが、そもそも「どの穴が膣?」という状況で……。

 

 

始めてみる光景に衝撃を受けつつ、再挑戦。すると……!?

 

 

満を持して温泉旅行へ

 

そうして開拓に成功し自信をつけた矢先、うなぎさんは夫婦で温泉旅行に行くことになります。今度こそはと心躍らせて向かったうなぎさんでしたが、結果は……。

 

 

“自分には、世間一般の夫婦が、一体全体どういう手順を踏んで子どもを授かっているのか、見当がつかないのです。……(中略)
誰かに相談したとしても、「どうにか頑張って入れろよ」と答えるしかないと思いますし。でもって、「そんなことにつまずいていたら、出産の痛みに耐えられないよ」というおまけつきに決まっているんです。さらに、「子育ての方がもっと大変なんだからね!」という説教に発展すると思うんです。これ、だいたいセットでついてくるんです。頼んでいないのに無料でついてきます。で、締めの言葉は、「甘ったれたこと言ってんじゃねーよ」でしょ?そう、だから言いたくないんです……。”

 

処女妊活の袋小路にはまった先で見つけたもの

 

失敗を重ね、悩みを深めるうなぎさん。そもそも本当に子どもが欲しいのか?それとも脱処女をしたいだけなのか?自問自答を繰り返します。

 

 

自分の心も、身体も、わからない。
その後、婦人科に「入らない」ことを相談に行くも身体に異常はないとのこと。

 

“体は「普通」なのに、「普通」の人たちがしている「普通」のことができない。
「普通」という言葉にとらわれて、勝手にみじめになっていました。”

 

そんな日々を過ごしているうちに、うなぎさんの心境にも変化が。

 

 

セックスレス解消と妊活のために努力を続けていたにもかかわらず、次第に夜のスキンシップがないことに安堵するようになるのです。
高い壁に阻まれたような行き詰まり感を感じていた時、うなぎさんはあるものを見つけます。

 

 

「普通」にとらわれ自責に苦しんだうなぎさんが見つけた「普通」でない妊活の方法。このシリンジ法はうなぎさんたち夫婦の救世主となるのか?驚きの結末を『奥さまは処女』でお確かめください。

 

文/藤沢緑彩

関連記事

この記事の書籍

奥さまは処女

奥さまは処女

うなぎ(原作) 梅林イクミ(漫画)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

奥さまは処女

奥さまは処女

うなぎ(原作) 梅林イクミ(漫画)

RANKINGランキング