『前夜』著者新刊エッセイ 森晶麿
ピックアップ

BW_machida

2021/03/29

『前夜』のできる〈前夜〉の話

 

三月に刊行される『前夜』は、密室で死んだ兄は必ず甦ると信じた少年が、兄に代わり映画スターの階段を駆け上がる、という風変わりな内容の青春大河ミステリだ。

 

裏テーマを考えれば「令和初のポストトゥルースミステリ」なんて惹句が浮かぶが、引きがなさそうなので表には出ないだろう。表としては、美男子兄弟による俳優版『タッチ』みたいな感じで愉しんでいただければよい。現状の仮帯曰く「切ないラストに勇気をもらう感動の長編ミステリ」だそうな。

 

かれこれ七、八年ほど前のことー本当はもっと違う作品を書きたいのに、と悶々と考えている時期があった。当時発表した作品が不本意だったわけではない。求められたポジションで、最善を尽くしてきたし、至らないことがあっても、それも含めて自分の作品と言い切れるものを書いてきた。

 

だが、「書きたい」のど真ん中にあるアイデアの大半が、自分の立ち位置では求められない種類のものだったのも事実。読み手の要望と書き手の欲求をどう折衷させるべきか。それがわからぬまま何年も経ってしまった。
その間、支えだったのは「書きたいイメージを持ち続けていると、そのうち題材もチャンスも寄ってきて書ける環境が整ってきますよ」というとある編集者の言葉だった。正確ではないだろうが、だいたいそんなことをその人は言った。

 

需要を意識しつつ「書きたい」をやり切るのは、やってみると簡単ではなかった。だが、諦めず気持ちを持ち続けたおかげか、その二律双生がようやく実現できたかもしれない。必然というべきか、書きたいものを持ち続けよと助言してくれた編集氏との二人三脚によって。

 

この奇妙な物語は読者にどう届くのだろう? できれば、真夜中に読み終え、表紙のタイトルを見つつ、明日何食べようとか何気ないことを考えてみてほしい。もしかしたら、その夜はあなたにとって何かが始まる「前夜」かもしれない。

 

『前夜』
森晶麿/著

 

【あらすじ】
密室状態の別荘で、若き映画スター・比留間稔流(みのる)が殺された。弟の真斗(まこと)は、不老不死の吸血鬼〈蛭鬼〉の血を継ぐ稔流は復活すると信じて、事件の謎を追う。犯人は誰なのか、稔流は甦るのか? 本格ミステリと青春小説の要素を融合した力作長編。

 

【PROFILE】
もり・あきまろ
1979年、静岡県浜松市生まれ。『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞。以降「黒猫」シリーズは人気を博す。近著に『沙漠と青のアルゴリズム』。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング