『二十面相 暁に死す』著者新刊エッセイ 辻真先
ピックアップ

BW_machida

2021/03/30

さらば二十面相

 

思えば長いおつきあいであった。

 

ぼくがはじめて怪人二十面相の名を知ったのは、昭和12年の「少年倶樂部」誌だからかれこれ八十四年の昔になる。隅田川を泳ぐ黒い魔物の白い歯の挿絵が、今も目に焼きついたままだ。そんな怪人の話を、まさかこの年になって自分で書くことができようとは、夢にも考えていなかったけれど、『焼跡の二十面相』『暁に死す』と長編を二冊書かせていただいた。亡き乱歩先生に感謝するのみです。

 

最近ぼくが生まれ育った名古屋のド真ん中に、先生の記念碑が(二十面相らしき怪人のデザインで)できたと聞く。名古屋大学の同期生に「名古屋ゆかりの作家なんて誰もいない」といわれ「江戸川乱歩がいる」と応じたら、キョトンとされた。「名張生まれで池袋で亡くなった」としか知識にないらしく、がっかりした思い出がある。

 

ぼくは愛知一中(今の旭丘高)だが、乱歩はおなじく五中(今の瑞陵高)出身なのだ。同郷のよしみという以上に幼時からのファンとして、推理作家協会五十周年記念の文士劇『ぼくらの愛した二十面相』や短編「東京鐡道ホテル24号室」などを書いたが、今回は怪人や探偵を凌いで小林芳雄くんが活躍する、むかし懐かし少年冒険小説の王道を行く長編のつもりだ。

 

とはいえ書いたのは辻だからぼくの臭みが出る。せっかくの二十面相だから大物に化けさせたいとか、せっかくの明智探偵だから明晰な推理を展開させたいとか。それでも根幹は、小林少年主演の冒険談なのだ(先生が書いてくれなかった彼の初恋物語でもある)。焼けただれた街を舞台に、飢えて貧しい敗残の昭和。それなのにふつふつと湧き起こった未来への渇仰を、満ち足りた令和の今でなく、あのころの少年少女のまなざしに見たと思うのはー老いたぼくの、後ろ向きな妄想にすぎないのだろうか。

 

『二十面相 暁に死す』
辻真先/著

 

【あらすじ】
敗戦の翌年。疎開していた少年探偵団の団員も少しずつ戻ってきて、にぎやかになりつつあったが、二十面相の暗躍もやむことがなかった。団員の羽柴くんの家には、明智探偵と小林少年の偽者まであらわれる始末。偽者たちの正体と、その目的はいったいなんだ!?

 

【PROFILE】
つじ・まさき
1932年生まれ。1982年『アリスの国の殺人』で日本推理作家協会賞を受賞。2009年、『完全恋愛』で本格ミステリ大賞を受賞。2020年日本ミステリー文学大賞を受賞。近著は『たかが殺人じゃないか』。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング