『新世代ミステリ作家探訪』著者新刊エッセイ 若林踏
ピックアップ

BW_machida

2021/08/02

円居挽の言葉に救われた

 

ミステリの最前線で闘う作家たちの話が聞きたい。
そんな思いを胸に抱き、私は一年ちょっとの時間をかけて、十人のミステリ作家とトークセッションを行った。
円居 挽、青崎有吾、逸木 裕、斜線堂有紀、呉 勝浩、澤村伊智、阿津川辰海、矢樹 純、方丈貴恵、太田紫織。いずれもデビュー十年以内(企画立案時)のミステリ作家である。彼らと交わした創作論、ジャンル論を収めたのが今回の『新世代ミステリ作家探訪』だ。

 

本のあとがきにも書いたが、『新世代ミステリ作家探訪』の企画は新型コロナウイルスが猛威を振るい、日常の風景が大きく変化していく過程とともに進んだ。2020年4月に一回目の緊急事態宣言が発令されて以降、政治経済は混乱を続け、人々は心休まらぬ日々を過ごしている。世の中がこんな有様なのに、悠長にミステリ小説の話などしていて良いものだろうか。そんな不安がよぎったこともある。

 

それでも一冊の本にすることが出来たのはゲストの一人、円居挽氏の「ある言葉」に突き動かされたことが大きい。
円居氏には2020年2月に「Live Wire High Voltage Cafe」で開催したイベント内で話を伺った。その時「これはぜひとも聞いておかねば」とかねてから思っていたことを質問した。円居氏の作品には人生の“ままならなさ”について深く考えさせられることが多いが、これは円居氏本人の思想が込められているのではないか。

 

この質問に円居氏はどのように答えたのか。それはぜひ本書を手に取って確認いただきたい。とにかく、その時の円居氏の言葉が心に突き刺さった。当時、抱えていた個人的な悩みごとも一気に吹き飛んでしまうような、前向きな力を私に与えてくれたのだ。
コロナ禍で“ままならない”ことが多くなったけれど、だからこそ円居氏の「あの言葉」は忘れないようにしたい。

 

『新世代ミステリ作家探訪』
若林踏/著

 

【あらすじ】
若手書評家と話題の作家たちが交わす無数の言葉。熱中した物語、創作論作法、問題意識……。和やかなトークは、時に熱を帯びながら、深まっていく。そして、語らいの先に浮かび上がったものとは!? 各人各様に進化するミステリの最前線を知る野心的対談集。

 

若林踏(わかばやし・ふみ)
1986年千葉県生まれ。ミステリの書評や文庫解説を中心に活動する書評家。雑誌連載、書籍への寄稿他、トークショーなど文筆以外の本にまつわるイベントにも注力。

小説宝石

小説宝石 最新刊

伝統のミステリーをはじめ、現代小説、時代小説、さらには官能小説まで、さまざまなジャンルの小説やエッセイをお届けしています。「本が好き!」のコーナーでは光文社の新刊を中心に、インタビュー、エッセイ、書評などを掲載。読書ガイドとしてもぜひお読みください。

【定期購読のお申し込みは↓】
http://kobunsha-shop.com/shop/item_detail?category_id=102942&item_id=357939
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング