セックスワーカー座談会(4) 風俗業界を自分の政治活動に利用しないで
ピックアップ

これまであまり語られることのなかった「男性セックスワーカー」のリアルな生態を、当事者インタビュー中心にまとめた1冊『男娼』(中塩智恵子著・弊社刊)を読んで集まっていただいた風俗嬢、出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルス嬢の皆さんに、風俗業界が抱える問題、未来について話していただく座談会。

 

第4回のテーマは「東京オリンピックとセックス産業」についてです。

 

【座談会参加者】
■風俗嬢A
34歳。風俗デビューは20歳。その後、辞めたり戻ったりを繰り返し現在は人妻デリヘルに勤務。シングルマザー。

 

■風俗嬢B
53歳。風俗デビューは45歳。目標金額に達したので風俗を卒業。現在は介護関係の仕事に従事。

 

■出張ホスト
49歳。『男娼』1章に登場のベテラン出張ホスト。

 

■ウリセン
37歳。『男娼』2章に登場の元ウリセンボーイ現オーナー(ウリセン=主に男性客相手に性的なサービスをするセックスワーカーのこと)。

 

■ニューハーフ
53歳。元ニューハーフヘルス嬢。『男娼』3章に登場の畑野とまとさん。

 

 

もうこれ以上規制を強化しようがない

 

――1964年の東京オリンピック時もセックスワークを含むあらゆる風俗営業の規制が強化されました。2020年の東京オリンピックの前後で考えられる事態と、それにどう対応したらよいのかを聞かせてください。

 

ニューハーフ:デリヘルの状況は変わらないと思う。ただ、箱ヘル(店舗型ヘルス)タイプとか、それこそソープランドとか、店舗型はどうなるのかしら。

 

ウリセン:ウリセンの場合は、結論から言うと、オリンピックが来てもそんなに変わらないと思います。多少変わるとしたら営業時間がうるさくなる。数年に1度の割合でお店が摘発されているけれど、それとオリンピックは関係ないと思っているので。

 

出張ホスト:風営法改正(2006年施行)で僕らはあおりを食っているので、淘汰された人たちは多かった。だからこれ以上強化するってもうやりようがない気がする。風俗はすべてNGにするぐらいしかあとは残ってないと思う。

 

でも、それをやったら世の中はどうなるか? そこは皆さん想像すればおわかりになると思うので、もうこれ以上のことはないだろうなと。くさいものに蓋をしてきたから、もういいんじゃないの、と思う。

 

あと、政治家は、風俗業界を自分の政治活動に利用しないでほしい。これは声を大にして言いたいですね。

 

ニューハーフ:あと、極端なフェミニズム系の弁護士さんたちの動きが怖いんです。フェミ系の人たちはセックスワーカーを本当に下に見ているから。

 

風俗嬢A:確かに下に見ていますよね。でも、フェミニストに関わらず、セックスワークを下に見る主婦層の人に言いたいんですけど、家庭で自分の旦那をちゃんとつかまえておけば、こんなにセックス産業は発展していないと思います。

 

結婚して主婦になって育児を始めたらメスの部分を忘れる。家庭でしなくなったお父さんたちが風俗に流れ込んでくるんです。大体家庭の愚痴を聞きますよね。

 

セックス産業を批判する前に必要なこと

 

――男性が奥さんに欲情しないっていうことですか? どうすればいいのでしょう。

 

出張ホスト:それなりにお互いある程度保つ努力を。そこは夫婦として、女性は男性の、男性も女性にちゃんと欲情するように、お互いに気を使わないと駄目ってことですよね。

 

ニューハーフ:そもそも日本は性の話ができない国なんです。すごくセックスフォビアが多いというか。ちゃんとみんなが楽しいセックスをしているかというと、現実はされていない。夫婦間でも、セックスの話をしないから。だからコンビニエンスな風俗へ行くことになる。

 

――セックス(性)にうしろめたさを感じずに、円滑に関係を進めるために話し合うべき?

 

ニューハーフ:そこは本当にしないと、男女の平等なんて絶対起きないから。
で、話を戻しますけど、よく風俗が女性の貧困の受け皿になっているなんて話を聞きますけど、それは女性の貧困が問題であって、風俗には別に何の問題もないので。貧困で風俗の問題を語る人が多すぎる。

 

――まず女性の貧困を改善しろということですよね。貧困対策がなされれば、ある程度、風俗へ流れる人も減っていく。

 

風俗嬢B:ただ、(貧困の改善策が)生活保護一辺倒というと、普通に働いている人たちが割を食う。

 

風俗嬢A:人間って弱い生き物だから、楽なほうへ楽なほうへ流れますしね。思うんですけど、まずお金の勉強を日本人ってしませんよね。だから子どもの頃から危機感を持つようにたたき込むような勉強が必要だと思います。

 

出張ホスト:あとは(風俗を)やる側にも覚悟が必要だと思うんです。夢のような世界では決してないので。

 

関連記事

この記事の書籍

男娼

男娼

中塩智恵子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

男娼

男娼

中塩智恵子

RANKINGランキング