なぜ民放ドラマは「刑事ドラマ」「医療ドラマ」ばかりなのか
ピックアップ

『写真:AFLO』

 

1つクイズを出しましょう。
1990年代から今日へと至る、連ドラの四半世紀の歴史の中で、最も変化したのは次の4つの中でどれでしょう?

 

(1)脚本のクオリティ
(2)演出の技術
(3)役者の演技力
(4)芸能プロダクションの発言力

 

「(1)脚本のクォリティ」は正直、少し劣化した。
「(2)演出の技術」はかなり進化した。1990年代の連ドラと現在の連ドラとを見比べて、その進歩は目を見張るものがある。ただ、この中で一番ではない。
「(3)役者の演技力」もかなり進化。これは木村拓哉の功績が大きいが、彼の登場でナチュラルな芝居が一般化した。アイドルたちの表現力も格段に向上した。だが、これも一番じゃない。

 

答えは「(4)芸能プロダクションの発言力」である。この四半世紀に及ぶ連ドラを取り巻く最大の変化と言えば、芸能プロダクションの発言力が格段に増したことに尽きる。これは(2)や(3)の変化の比ではない。

 

そう、芸能プロダクションの発言力。
一般に、連ドラがヒットすると、真っ先に評価されるのは、脚本家と主演俳優である。

 

しかし、プロデューサーとの人間関係もあって “流通” しにくい脚本家に比べて、連ドラの初回視聴率にダイレクトに数字が表れる人気俳優は、各局から引く手あまたになる。

 

そうなると、人気俳優の所属事務所は圧倒的な売り手市場を背景に、強気な商売に出る。一番多いのが、その人気俳優を出す代わりに、自分のところの新人をセットで出してほしいという要望――いわゆる「バーター」である。

 

テレビ局の側としても、数字の取れる役者は喉から手が出るほど欲しい。自然、その手の要求をのまざるを得なくなる。

 

だが、最初のうちはほんのご愛敬レベルで済んでいたその手の話が、繰り返されるうちに次第に利権化して、気がつけば、当のプロデューサーですら、自分の作るドラマのキャスティングに口が挟めない状況に陥ってしまった。

 

要は、局の上層部と芸能プロダクションとの「政治案件」になったのだ。その種の状況が各局とも顕著になり始めたのが、1990年代の終わり頃だった。

 

そうなると、ドラマのクオリティが下がるのは目に見えている。出演者はやたらめったら増えて、新たに増えた役者をドラマに登場させるために、脚本を書き直すという本末転倒の事態に。近年の脚本のレベル低下を招いたのは、そういうことである。

 

ラブストーリーを例に挙げる。

 

まず、主役の2人がいる。次に、彼らを取り巻く友人たちが3、4人いて、さらにその周囲に目玉のルーキーや全体を締めるベテランがいる。大体、メインの出演者はそんなところだ。MAX8人程度に収まる。

 

これ、かのアメリカのNASAが唱える組織学的にも、人間が一度に把握できる最適人数は「8人」であり、意外と理に適っているんですね。いわゆる「マジックナンバー・エイト」。視聴者が登場人物に感情移入できて、物語を楽しめる最適人数が8人なのだ。

 

だが、前述のように1990年代の終盤、気がつけば芸能プロダクションの発言力が増しており、ドラマの出演者が日に日に増えていった。とてもじゃないが、8人の枠に収まり切れないようになった。

 

そこで、作り手たちは、ラブストーリーに変わる、新たなドラマのフォーマットを探し始めたのだ。そして、多様なドラマを試すうちに行き着いたのが、群像劇をベースとする「お仕事ドラマ」だった。

 

中でも、刑事ドラマや医療ドラマが重宝された。なぜなら、その種のドラマなら、メインの登場人物が10人以上でも処理できるし、犯人役や患者役で、毎回のように新人や大物俳優を起用できるから。

 

そのお仕事路線は、あのドラマの大ヒットで、いよいよ決定的になる。

 

2001年1月クール。21世紀が幕を開けて最初の月9ドラマ『HERO』が放映された。主演は木村拓哉である。月9史上初めて「お仕事ドラマ」を前面に謳ったエポックメーキングな作品だった。

 

ドラマの舞台は、東京地検の城西支部である。そこには個性的な検事や、彼らをサポートする事務官らがおり、チームは日々、様々な難事件に遭遇しては、その真相を解き明かしていった。

 

同ドラマは初回から最終回まで、全話視聴率30%超えを達成した。これは日本の民放ドラマ史上、唯一の快挙である。そして同ドラマの成功は、日本の連ドラ界に大きな変革をもたらす。即ち、これ以降、月9枠にとどまらず、連ドラ界全体に「お仕事ドラマ」が大流行するのだ――。

関連記事

この記事の書籍

「朝ドラ」一人勝ちの法則

「朝ドラ」一人勝ちの法則

指南役(しなんやく)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

「朝ドラ」一人勝ちの法則

「朝ドラ」一人勝ちの法則

指南役(しなんやく)

RANKINGランキング