推しを見ると女性ホルモンが出て肌ツヤが良くなる!?
ピックアップ

いいオトナなのに、なんて言わせない!
「推しを養う」オタクでありつつ、働くオトナとしての日々をサバイブしている女たち。
『オタクだけど、オトナなので。』に収録の本音トーク第二弾!

 

話題沸騰の書籍「オタクだけど、オトナなので。」には、オタク女子の間では定説だけど、そうでない人たちには知られていない、驚きの定説が多数登場します。

 

なかでも「最大の美容液=推し」という意見には、共感の声が多数。

 

女は恋をするときれいになる、とは言われていましたが、愛するものを前に心と身体のテンションが上がるのはオタク活動も同じ。
いえ、もしかしたら恋なんて目じゃないほど、美容に効果があるかもしれません。

「イベントやステージで好きな声優さんや俳優さんを見たら生理が来た。ホルモンのバランスが変わったのかも?」という経験談や「妊娠中の姉に大好きなカップリングのBL漫画を見せたら胎動が起きた」という仰天エピソード、「ライブ後のアイドルファンはみんな肌がキレイ」という説も寄せられています。

 

先日、ライブで音楽を聴くことで寿命が延びるという研究結果が発表されましたが、推しにときめく活動も、同じぐらい寿命に影響があるかもしれません。

 

何となく表情が暗い、元気が出ない、最近肌がくすんでいる…などと思ったら、現場に行ってみる(=無理をしてでも、思い切り好きなものに夢中になる時間を持つ)のはいかがでしょう。どんな高価な美容液もかなわない効果があらわれる……かもしれません。

大人になってから、日々を生きるための力になるほどに、好きな人や物事があるでしょうか。

 

もしあるなら、その時点でその人は美しく輝いているはず。
したたかに、ひたむきに、推しを養う女たち。

 

彼女たちは時に自虐的になったり、辛口になったりしつつも最高にパワフル。
その姿を見ていると、好きなものを好きでいることの難しさと大切さがよくわかる気がします。

 

『オタクだけど、オトナなので。』光文社
「推しやし」委員会 / 著  つぼゆり / イラスト

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング