温泉宿の真価は母親と泊まるとわかる!その納得の理由とは
ピックアップ

 

「たまの母親孝行に」と考えてネットで宿を選ぼうとしても、目移りして途方に暮れることが多い。それに元気とはいえ、最近少し足腰が弱ってきた母。そんな様子を見ると、客室から距離のあるお風呂や多すぎる食事の量なども、気がかりの種になる。でも、あからさまにシニア仕様のお宿は、雰囲気が今ひとつなことも……。

 

9月15日に発売されたガイドブック「母と行く、感動の温泉宿」(光文社)によると、そうした悩みを解決できるスマートな方法は「露天風呂付きの部屋を選ぶこと」だという。

 

着いた日は大浴場を楽しんで、つい諦めがちなチェックアウト直前の「もうひと風呂」を部屋で楽しむ。そうすることで、満足度もUPする。また最近は、温泉旅館の食の進化もスゴい。都会のレストランのようにメイン料理が選べたり、マクロビメメニューがあったりするとのこと。これで紅葉や桜、有名寺社など母の願望を満たすポイントがあれば、忘れられない一泊二日の旅になるというのだ。

 

「母と行く、感動の温泉宿」では、景色のよい露天風呂付きの客室を紹介。食の上質さにもこだわった30軒のお宿は、素敵な思い出づくりに一役買ってくれるはず。また人気モデル・はなさんによる母娘の水入らず温泉デビュールポや、温泉ビューティ研究家・石井宏子さんのコラムも掲載されている。

 

上質なお宿は、行くだけで娘の株を上げてくれる。どうぞ思い出に残る旅を!

 

 

『母と行く、感動の温泉宿』

編集:HERS編集部

価格:1,400円+税

判型:A5判オールカラー

出版社:光文社

http://amzn.asia/hLFXhXd

この記事の書籍

母と行く、感動の温泉宿

母と行く、感動の温泉宿

HERS編集部/編
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

母と行く、感動の温泉宿

母と行く、感動の温泉宿

HERS編集部/編

RANKINGランキング