「霆」は何と読む? 雨冠の漢字、読めますか?
ピックアップ

bw_alison

2018/10/29

 

実はたくさんある雨冠の漢字。読み方を知らないものも少なくありません。読めるとちょっと嬉しい雨冠の漢字を集めてみました。

 

Q:「雫」は何と読む?

A:訓読みは、しずく。音読みはダ。

 

 

Q:「霄」は何と読む?

A:訓読みは、そら。音読みはショウ。意味は、大空のこと。

 

 

Q:「霆」は何と読む?

A:訓読みは、いかずち。音読みはテイ。意味は、かみなりのこと。

 

 

Q:「霈」は何と読む?

A:訓読みは、ひさめ。音読みは、ハイ。意味は、大雨、豪雨。

 

 

Q:「霏」は何と読む?

A:訓読みは、もや。音読みは、ヒ。

 

 

Q:「霓」は何と読む?

A:訓読みは、にじ。音読みは、ゲイ、ゲツ。薄く見える虹を意味する。

 

 

Q:「霖」は何と読む?

A:訓読みは、ながあめ。音読みは、リン。長く降り続ける雨のこと。

 

 

Q:「霙」は何と読む?

A:訓読みは、みぞれ。音読みは、エイ、ヨウ。雨と雪が混じって降るもの。

 

 

Q:「霤」は何と読む?

A:訓読みは、あまだれ。音読みは、リュウ。屋根から水滴が落ちるさまを表す。

 

 

Q:「霰」は何と読む?

A:訓読みは、あられ。音読みは、サン、セン。

 

 

Q:「霽」は何と読む?

A:訓読みは、はれ、はらす。音読みは、セイ。空が晴れる様子を表す。

 

 

Q:「霾」は何と読む?

A:訓読みは、つちふる。音読みはバイ。土や砂が降るさまを表す。

 

 

あまり見慣れないものもあったかもしれません! あなたはいくつ読めましたか?

 

 

以上、『読めそうで読めない漢字 書けそうで書けない漢字』(光文社知恵の森文庫)を一部改変して掲載しました。

関連記事

この記事の書籍

読めそうで読めない漢字 書けそうで書けない漢字

読めそうで読めない漢字 書けそうで書けない漢字

大人の漢字力研究会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

読めそうで読めない漢字 書けそうで書けない漢字

読めそうで読めない漢字 書けそうで書けない漢字

大人の漢字力研究会

RANKINGランキング