自分に素直に生きるという、当たり前すぎる生き方 『イスラム流 幸せな生き方』

ERIC M. Music Entertainment Producer/Creative Educator/ ONE+NATION Digital&Media CEO

『イスラム流 幸せな生き方 -世界でいちばんシンプルな暮らし-』光文社
常見藤代/著

 

テレビをつければ国会議員は罵倒し合い、ニュースといえば不倫、コンプライアンス違反だと目立つ人の粗探しばかり。若者は夢を失い、現実から離れネットで虚像の世界にしか自分の存在を確認できなくなっています。結婚も就職も何でも否定することで埋め尽くされているメディアに囲まれていては仕方ないことです。

 

この本で紹介されるイスラムの世界は、私たちが思い込んでいるイスラムの世界観を大きく覆すもの。ここで重要なのは、イスラムという宗教とはを議論するのではなく、イスラムの世界から私たちの世界で参考になることを学ぶことです。

 

私自身、イスラム教信者ではありませんし、これから入信しようとも思っていません。イスラム教では、生きるルールとしての聖典“コーラン”。そして詳細を教えてくれるマニュアルとしての“ハディース”が、人々の確固とした心の拠り所になり、悪いことをしてしまっても良い行いで挽回できる柔軟性も兼ね備えています。食欲、物欲、性欲に関しても、節度があるからこその快楽という考え方。イスラムは厳しい宗教で、禁欲的なイメージが強かったのですが実際には、人生を単に楽しんでいる、いや楽しめている事実を我々は素直に感動して学んでいきたい。

 

現生より来世に重きをおくムスリム流の人生の楽しみ方のレシピ、この本から学び私達の世界に取り込んでいきたいですね。

 

Peace out,

 

ー今日のおススメTUNEー

 

異常な暑さが続いています。そんな暑い中の夜だからこそ、ムーディーなJAZZを聴きながら涼しく過ごしたい。サマータイムは、天才作曲家ガーシュウィンによる最高に素敵な曲。色々なアーティストにカバーされていますが、今日は利き酒ならぬJAZZボーカルの御三家サラボーン、カーメンマクレーン、エラフィッツジェラルドの利き歌で暑さを忘れましょう。

 

 

 

 

『イスラム流 幸せな生き方 -世界でいちばんシンプルな暮らし-』光文社
常見藤代/著

この記事を書いた人

ERIC M.

-eric-m-

Music Entertainment Producer/Creative Educator/ ONE+NATION Digital&Media CEO

プロのMusicianとして実践したクリエイティブ思考をバックグラウンドに次世代の経営、典型的なビジネスコンサルティングの枠を超えた独自のイノベーション発想アプローチに展開。その活躍の場は、ビジネスコンサルティングにとどまらず、理論の範囲を超え自らがプロヂュースする音楽メディアや、次世代のイノベータ育成のための教育者としての一面も持つマルチクリエーター。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を