小説家・矢野隆が語るゲームと小説の交差点(後編) 構想3年『源匣記 獲生伝』の驚異的な創作ノート
市川淳一『ぼんくら書店員のぼんくRADIO』

ryomiyagi

2020/02/27

「カリスマぼんくら書店員」市川淳一がお気に入りの本や最近関わった本を出発点にして、縦横無尽に(≒脱線だらけで)出版業界やコンテンツを語りつくします。
今回は、これまで数回語ってきた「ネオ歴史小説」の総決算!『源匣記 獲生伝』を刊行した小説家・矢野隆さん(と担当編集者の皆さま)をゲストにお招きし、ゲームの話を起点に創作にまつわる数々のエピソードを語ってもらいます(前編は本当にゲームの話ばっかりです)。

 

【前編はこちら】

 

 

■矢野隆さん最新作『源匣記 獲生伝』の壮大な世界観

 

市川:後半戦はですね、この度講談社から刊行されました『源匣記』についてお話ししたいと思います。まずは、担当編集の菅さんから。

 

菅さん:『源匣記』は私の前の担当から引き継いだんですけど、3年温め続けて書いていただいた超大作でして。これまで矢野さんが書いてきた、日本を舞台にした歴史小説の要素もあるんですけど、今回の帯にもあるように「日華融合ファンタジー大戦」という、盛り込みすぎだと思われるくらいのネームにふさわしい話でして。

 

一番大きな設定としては『源匣記』というタイトルの真ん中にあるこれ(「匣」)。「はこ」と読むんですけど、この匣が、ある大陸の世界観を決定する要因になる。実は、さっきゲームの話がありましたけど、その世界観にも通じる。匣に書かれた天字という文字があるんですけど、天字の発明が、この世界を小説ならではのものに拡げています。

 

ある大陸、中国大陸に近いようなニュアンスなんですけど、そこにある山が現れる。それが真天山。そこに源匣という匣が生まれてくるんですけど、それを主人公の敵となる一族が手にする。その一族が大陸で覇権を握ることになって、主人公は彼らに家族を殺されてしまうところからストーリーが始まります。それだけでも世界観の大きさがおわかりになるかと。

 

熱弁をふるう菅さん

 

市川:菅さんに「すごい傑作なんでぜひ読んでください」と言われたとき、まずはこのスケールにびっくりしました。

 

菅さん:日本でもない中国でもないけれどどこか親しみがあって、だけど全く新しいストーリー。

 

市川:(これを)イチから作るの!?って感じ。

 

菅さん:ネタバレになるので読んでもらうとして、中身はどエンタメ。歴史の中に生きた人々の人生をぶつけ合うような、それを大陸規模でやるようなお話。400ページを超えますけど、その価値めちゃくちゃあります。ぜひ読んでいただきたいですね。

 

市川:ストーリーがすっごい王道。王道の中の王道というか。それを矢野さんの巧みなストーリーテリングで。めちゃくちゃ面白かったです。

 

矢野さん:ありがとうございます。

 

■30年の物語ではなく、巻末にある1000年の年表が本体?

 

市川:どこまでこれはネタバレしていいんですか?(笑)

 

菅さん:まあ、いいんじゃないですか? 私がストップを(笑)

 

―レフェリー(笑)

 

市川:あんまり本編には触れない方がいいのかな? 作品自体ももちろん面白かったんですけど、何より驚いたのが年表。『源匣記』の1000年間の歴史が巻末に載っているんですけど、この物語中に描かれるのはそのうちの30年くらい。

 

菅さん:これ、タイトルも源匣「記」で、その中の「獲生伝」。源匣記の1000年にわたる物語の「獲生」の部分。

 

市川:だから、さっき菅さんが言ってたんですけど、「ロマサガ2」みたい。

 

※ロマンシング サ・ガ2……1993年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたスーパーファミコン用コンピュータRPG。「フリーシナリオ」というシステムと時間軸の設定により、自分なりのストーリー展開を作り出せる特徴がある。前作では最初に主人公キャラクターを選択することで大きくストーリー分岐を設定させていたが、本作では皇位継承システムによって、核となるキャラクターが任意で(あるいは強制的に)交代していく。年月の経過による様々なイベント変化もあり、歴史群像のような物語性を持つ。(wikipediaより)

 

菅さん:ゲームの話もありましたけど、ロマサガ2は矢野さん…?

 

矢野さん:僕、ロマンシング サ・ガはあんまやってないんですよ実は……。

 

市川:あ、やってないんだ! これは(予想が)外れたな。武道の達人の武來というキャラクターがある技を使うんですけど、これって「バーチャファイター」の鉄山靠 (てつざんこう)?

 

矢野さん:あー、そうですね。

 

一同:おぉー。すごい!

 

矢野さん:鉄山靠というよりは中国拳法の感じですね。八極拳の背中でドンっていう、あのイメージはあります。

 

市川:当たった~。

 

菅さん:すごいですね~、その読み方があるとは。

 

矢野さん:武の一族が年表にもずっと出てくるんですけど、それは僕の中ではストリートファイターの豪鬼的な設定。作品世界の中では常に強い。

 

※豪鬼……『ストリートファイター』シリーズに登場する架空の人物。欧米ではAkuma(アクマ)という名前になっている。「拳を極めし者」を名乗る格闘家。自身を闇の住人とも称している。常に全身から「殺意の波動」と呼ばれるオーラ(赤や紫など作品によって異なる)を放っており、これを源として鬼神のごとき力を発揮する。強者と命を懸けた真剣勝負「死合い」を行うことに己の存在価値を見出しており、多くの格闘家を葬っている。(wikipediaより) 要するに最強キャラ。

 

菅さん:市川さんと今日、この作品の感想を二人で話している時に「年表って付録じゃなくて、世界観の屋台骨。これがあるからこの物語で描かれた壮大なものもあくまで一部(とわかる)。さらにメタ的にこの物語、登場人物をとらえるというか。(登場人物たちは)色々やったけど、それも(作品世界の)一部でしかないっていうメッセージ」(という話をした)。

 

―1行でサラッと。

 

市川:僕も途中まで読んで気づいたんですよ。これ、年表から先に読むべきじゃないかなって。

 

そう思って年表を見て、まあオチがわかっちゃうんですよね、ある意味。わかっちゃうんですけど、そこに帰結していくくだり、逆に物語の見方が180度変わるというか。本当の歴史小説を読んでいるような。

 

例えば織田信長が本能寺の変で討たれるんだけど、討たれるまで何をやったのか、討たれないために何をしたのか、みたいな読み解き方ができるんですけど、これすごいなって思って。

 

ボンクラ書店員のぼんくRADIO

ぼんくら書店員・市川

「『竜馬がゆく』と『燃えよ剣』の出版社の違いが分かる」を理由に、自信満々で某チェーンにアルバイトとして入社し10年が経過。光栄のゲームの武将パラメータを眺めながら、歴史小説を読むのが日課のボンクラ書店員。たまに本の帯やポップをデザインしたり、小説の巻末に漫画を描いたりしています。1981年神奈川生まれのAB型。
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング