生のお米からつくる、ふわふわ&もちもちな天使の「マフィン」
生のお米をパンに変える魔法のレシピ「生米パン」

いまSNSで話題の、生のお米からパンをつくる「生米パン」。開発者のリト史織さんが、日々研究を重ねて完成させたパンです。この生米パン、ちょっとアレンジすればベーカリーで人気のマフィンも作れちゃうって知ってました? マフィンは、ふだんの食事からおやつ、手土産やおもてなしにもぴったりのパン。具材を色々入れることができるので、栄養もたっぷり! リトさんの作るレシピはすべて植物性素材使用なので、アレルギーのある方でも安心です。生のアーモンドを加えることでしっとり感を出しながら、 豆乳の力でふんわり仕上げます。 甘さ控えめで朝食にもおすすめ。
2月20日発売『はじめての生米パン』より特別公開!

 

 

プレーンマフィン

 

【材料】
マフィン型 口径5.6×高さ3.4cm)6個分
A
● 米 … 90g(浸水済120g )
● アーモンド(生)*1… 20g  
● 豆乳 … 50g  
● メープルシロップ*2… 40g  
● レモン汁 … 5 g(小さじ1)  
● 塩 … 2 g(小さじ1⁄2弱)
油 … 40g
B
● ベーキングパウダー … 4 g 
● ベーキングソーダ(重曹)… 1 g
*1:アーモンドプードルでもよい。
*2:または砂糖27g+水13g

 

【つくり方】
(1)軽く洗った米をボウルに入れ、水1カップ程度(分量外)を加えて2 時間(冬場は3 時間) 以上浸す。
* 心配な人は冷蔵庫で。1~2日に一度水を替えれば、冷蔵庫 で4~5日は保存可能。夏場は2~3日で使いきって。

 

(2)米をざるに上げ、数回ざるを上下させてしっかりと水けを切る。
* 水けが残っていると生地がやわらかくなりすぎるので注意。また乾きやすいのでミキサーに入れる直前に水けを切る。

 

(3)オーブンを170℃に予熱する。

 

(4)Aをすべてミキサーに入れて、ミキサーで30秒程度回しては止める動作を3~4回くり返す。途中、ミキサーの側面に飛び散った生地を、ゴムべらでこそぎ落として 全体を均等に攪拌する。

 

(5)油を加えて、生地がもったりとしてなめらかになるまでミキサーで攪拌する。
* 油を先に加えると生地が重くなってミキサーが回りにくくなるため、最後に加える。ミキサーが回りにくければ低速にするか、ボウルに移してへらなどで混ぜてもよい。

 

 

(6)生地をボウルに取り出し、Bを加えてゴムべらで手早く混ぜる。
* 次の(7)で型に生地を手早く流し込めるように、生地をボウルに移してからさっと混ぜる。

 

(7)グラシンカップを敷いた型に生地を等分に流し込んだら、オーブンで20~25分、表面に焼き色がつくまで焼く。

 

味替えも簡単にできるので、毎日色々楽しめます! 今回はレシピ本から、お子さんも大好きなバナナココナッツ味のマフィンもご紹介します。

 

バナナココナッツマフィン

 

【材料】
マフィン型 口径5.6×高さ3.4cm)6個分
A
● 米 … 90g(浸水済120g )
● アーモンド(生)*1… 20g  
● 豆乳 … 50g  
● メープルシロップ*2… 40g  
● レモン汁 … 5 g(小さじ1)  
● 塩 … 2 g(小さじ1⁄2弱)
● バナナ … 50g
● ココナッツファイン … 20g
油 … 40g
B
● ベーキングパウダー … 4 g 
● ベーキングソーダ(重曹)… 1 g
*1:アーモンドプードルでもよい。
*2:または砂糖27g+水13g

 

【つくり方】
(1)軽く洗った米をボウルに入れ、水1カップ程度(分量外)を加えて2 時間(冬場は3 時間) 以上浸す。 
* 心配な人は冷蔵庫で。1~2日に一度水を替えれば、冷蔵庫 で4~5日は保存可能。夏場は2~3日で使いきって。

 

(2)米をざるに上げ、数回ざるを上下させてしっかりと水けを切る。 
* 水けが残っていると生地がやわらかくなりすぎるので注意。 また乾きやすいのでミキサーに入れる直前に水けを切る。

 

(3)オーブンを170℃に予熱する。

 

(4)Aをすべてミキサーに入れて、ミキサーで30秒程度回しては止める動作を3~4回くり返す。途中、ミキサーの側面に飛 び散った生地を、ゴムべらでこそぎ落として 全体を均等に攪拌する。

 

(5)油を加えて、生地がもったりとしてなめらかになるまでミキサーで攪拌する。
* 油を先に加えると生地が重くなってミキサーが回りにくくなるため、最後に加える。ミキサーが回りにくければ低速にするか、ボウルに移してへら などで混ぜてもよい。

 

(6)生地をボウルに取り出し、Bを加えてゴムべらで手早く混ぜる。
* 次の(7)で型に生地を手早く流し込めるように、生地をボウルに移してからさっと混ぜる。

 

(7)グラシンカップを敷いた型に生地を等分に流し込んだら、オーブンで20~25分、表面に焼き色がつくまで焼く。

 

 

白いお米を使った、もっちりふわふわの生米パン。これをベースにさまざまなアレンジができるので、ぜひマスターしてくださいね。

 

連載第1回はこちら

 

 
 


はじめての生米パン
リト史織/著

 

生米パンや生米スイーツ、フライパンでできる生米パンなど幅広く網羅された「はじめての生米パン」(定価¥1,400/光文社刊)が2月20日より発売!アマゾンなどで予約受付中!

 

撮影/北川鉄雄

生のお米をパンに変える魔法のレシピ「生米パン」

リト史織(しおり)

ヴィーガン料理家。調理師、クシマクロビオティックインストラクター、米粉マイスターインストラクター、ローフードマイスター、ロースムージーエキスパート、ローフード栄養学1 級と多数の資格を持つ。大学卒業後、現エコール辻東京辻日本料理マスターカレッジで学ぶ。その後、飲食店、洋菓子店などに勤務。出産後、マクロビオティック、米粉、グルテンフリー、ローフードなどについて学ぶ。生米からパンやお菓子をつくることを提案し、自宅サロンにて生米パン講座、生米スイーツ講座、ローフード講座などを開催。パン教室は常にキャンセル待ちで予約が取れないほど の大人気。 「SHIORI’S VEGAN PANTRY」HP
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング