家にいることの少ない専業主婦だった 治部れんげさんの「母」(前編)
小川たまか『私たちの母の話』

現在は共働き家庭が専業主婦(主夫)家庭を上回っていますが、1990年代半ばまで、日本では専業主婦家庭がメインでした。働く女性の中には、「母は専業主婦だったから兼業主婦のロールモデルがいない」と言う人もいれば、「専業主婦の母を見て、自分は働きたいと思っていた」という人もいます。

 

多かれ少なかれ、母の生き方は娘の生き方や考え方に影響を与えています。

 

現在、30~50代の女性たちの母の世代は、ちょうど団塊(1947~49年生まれ)やポスト団塊の世代(1950年代前半生まれ) 。その世代の母たちは、高度経済成長を体感しつつ、中には60~70年代の学生運動やウーマンリブを身近に感じていた人もいるはずです。

 

そしてその娘たちは、バブル期(といっても女性の就職活動は難しかった時代)もしくは氷河期に就職活動や結婚をし、現在は子育てをしたり、離婚をしたり。その娘たちにとって、母たちはどう見えたのでしょうか。

 

母たちの物語を娘が語ることにより、表舞台で語られることの少なかった「女の物語」「女の戦後史」「女から見た1960~1990年代」を浮き彫りにしたいと思います。

 

フリージャーナリストとして取材や講演活動を続ける治部れんげさん。治部さんの母は、元教師。結婚を機に仕事を辞めたが、家にずっといるタイプでもなかったという。「今だったらNPOを起ち上げていたと思う」と治部さんが語る、母の姿とは。

 

 

■結婚を機に就職した父、退職した母

 

――今日は、お母さんのお話を聞きに来ました。

 

治部さん:私の母は1940年代後半生まれ、静岡の出身です。静岡大学のESS(英会話研究会)サークルで父と出会ったそうです。母は教育学部で、卒業後は小学校の先生になりました。母の父(治部さんの祖父)も教師だったので、先生になりたい気持ちがあったようです。父は卒業後、東北大学の大学院に進んで物理の研究をしていました。

 

――恋愛結婚だったんですね。

 

治部さん:母がお見合いをして、別の人と結婚が決まりそうになったらしいんですね。それを聞いた父は友達に相談して、「彼女のことを好きなんだろ」って言われて、母に公衆電話から電話をしたんだそうです。友達にもらった10円玉を使って。父は「友情の10円玉」って言ってました。時代を感じますね(笑)。

 

――結婚後は共働きですか?

 

治部さん:母は結婚と同時に仕事を辞めました。就職して3年目でした。職場が合わないということもあったみたい。それですぐ私が生まれました。母の妊娠中にれんげの花が咲いていたから、名前は「れんげ」。

 

父は「結婚するから就職しなきゃ」って、そのときに就職をしました。今の時代だったら、母が仕事を続けて、父が院生のままで研究を続ける、という選択肢を考えたかもしれません他の家はどうかわかりませんが、母は「実家が封建的だから」と言っていました。でも、母は専業主婦でしたが、あまり家にはいなかったんです。

 

■「学生運動の裏で女におにぎり握らせてたくせに」

 

――というと?

 

治部さん:私が小さい頃は駅前で核兵器廃絶の署名集めをしたりしていました。小学校時代はPTAの役員などで外出が多く、私が帰ってくると鍵がポストに入っていて、置手紙に「今日のおやつは●●です」と書いてある。あとは野放しでしたね。今考えると結構危ないと思うんだけど。下に弟がいましたが、1人で過ごす時間が長かったから。

 

――やりたいことがあって、自由に活動されていたんですね。

 

治部さん:昼間は自由なんですけどね。いったん両親がけんかを始めると、父が必ず「誰が働いてると思ってるんだ」って言う。同じ大学の同級生同士なのに、父が稼いでいて、それで家がまわってるんだというのがありましたね。今思うと、母だって「私が産んで育ててる」って言ってもよかったんですよね

 

――「誰が働いてると思ってるんだ」って、昭和あるあるなフレーズですね……!

 

治部さん:あの世代の男性は政治的にはてもリベラルな人が多い。学生時代、社会主義に理想を見た人も少なくありません。でも家庭内では保守的で、ダブルスタンダードですよね。マルクスの「資本論」を読んでいて、労働者を資本家から解放することには関心がある一方、家庭内で女性が無償労働を担っていることには、あまり気づいていない。私は大学生だった頃、「あなたの世代は学生運動なんてしていたけど、裏では女におにぎり握らせてた」って言ったことがあります(笑)。父も怒ってけんかになりました。

 

――お母さんはその後、仕事に復帰することはあったのでしょうか。

 

治部さん:私が小学生だった頃に自宅でお習字の先生をしていたこともあります。当時は団地住まいで、放課後になると私の家にわーっと子どもたちがたくさん来て。家計の足しにはなっていたと思います。母は共働きの家の子の話を聞いてあげたり、トーストやインスタントコーヒーを出してあげたりしていましたから、地域の子の学童保育代わりになっていたかもしれないですね。

 

――そういう場所があるというのは地域にとって良さそうですね。

 

治部さん:今で言う「子ども食堂」みたいな機能。当時は「夜遅くまで家に人がいて嫌だな」と思ったりもしたけれど。母はおそらく、30代後半の頃、私が小学校高学年になって子育てから少し手が離れた頃に再就職しようとしていたと思います。でも、いい仕事があまりなかったみたい。産休の先生の代理教員を務めることはたまにありましたが。

 

――今も出産から仕事へ復帰するにはそれなりにハードルがありますが、当時は今よりももっと大変だったでしょうね。

 

治部さん:父がはっきり言っていたのが、「俺が残業するほうが家計にはプラスになる」って。父は弁理士だったので、主婦だった母が再就職するより時給はずっと高いですこれもよくあるセリフですけど、「外に出て働くなら家のことに支障がない範囲にしろよ」って、そういうのを聞いて不当だなと思っていました。今ほど選択肢がない中で、母は教職を持っていてもそれを活かせなかった。

 

■50代になって変わった両親の関係

 

――治部さんは子ども時代からジェンダー意識が高かったのではないでしょうか。お母さんに対して、何か言ったことはありますか?

 

治部さん:中学時代に憲法について習ったときに、母に「お母さんは“嫁に行った”んじゃなくて“結婚した”んだよ。お父さんとお母さんは対等なんだよ」って話したことがあります。母は「うんうん」と聞いていました。あとは、よく母が「家計が足りない」って言っていたんです。それを聞いて「じゃあ自分が働けば」って言ったことはありましたね。稼ぐ力に格差があって、夫に言いたいことが言えないのは嫌だし、夫だけが稼ぐべきとも思えなくて。

 

――厳しい言葉だ……。

 

治部さん:でもね、50代になって父が弁理士として独立したんです。その仕事を母が手伝うようになったら、父が家のことをやるようになったんですよ。

 

――えっ、びっくり!

 

治部さん:経理関係とか、来客対応を母がこなして。やっぱり母はそういうことが得意だったので、父も母のいる必要を感じたんでしょうね。私は当時、就職したばかりの頃でしたが、久しぶりに実家に帰ったときに、父の家での動きが違うなと思ったのを覚えています。母が疲れると仕事に響くので、父が布団を敷いたり、お風呂を洗ったりしていました。

 

――50代からでも人は変わるんですね。

 

治部さん:父は電脳おじいさんなので私のツイッターとかも見ていて、最近は母とジェンダーについて話すこともあるみたいです。「お箸は赤がいい」って父が言って、母が「女みたいね」って言ったら父が「そういうことを言うのはジェンダー的にどうなんだ」とか(笑)。

 

【後編へ続く】

 

治部れんげ
1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社で16年間、経済誌記者。2006年~07年ミシガン大学フルブライト客員研究員。著書にアメリカの共働き子育て事情を記した『稼ぐ妻 育てる夫』(勁草書房)、日本のワークライフバランスを考えた『ふたりの子育てルール』(PHP研究所)。取材分野は、働く女性、夫婦関係の再構築、男性の育児参加、子育て支援政策、グローバル教育、メディアとダイバーシティなど。東京都男女平等参画審議会委員(第五期)。財団法人ジョイセフ理事。財団法人女性労働協会評議員。

 

私たちの母の話

小川たまか

ライター
主に性暴力、働き方、教育などを取材・執筆。
性暴力被害当事者を中心とした団体、一般社団法人Springスタッフ、性暴力と報道対話の会メンバーとしても活動。
初の単著『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を』(タバブックス)が発売中。
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング