第20回 『七人の侍』
春日太一が厳選!いま配信で見たい時代劇

ryomiyagi

2020/07/13

 

■『七人の侍』(映画 1954年)
製作:東宝/監督:黒澤明/脚本:黒澤明、橋本忍、小國英雄/出演:三船敏郎、志村喬、津島恵子、藤原釜足、加東大介、木村功、千秋実、宮口精二 ほか

 

地上波のテレビからはほぼ消えた一方で、BS、CS、レンタルショップ、ネット配信などでは膨大な数の作品が見られる時代劇。日本の時代劇を知り尽くした春日太一が、視聴する側のさまざまな趣味嗜好を考慮しながら厳選した150作品を紹介する書籍『時代劇ベスト100+50』が6月11日に発売した。
ここでは本書の中から現在配信で視聴可能な作品を厳選し、紹介をする。

 

映画史上で不朽の名作として語られる時代劇である。

 

近年ではそのタイトルが大きくなりすぎたため、いろいろと高尚に語られることが多くなってはいるが、何より忘れてはならないのは、エンターテインメントやアクションの映像表現に革命をもたらした作品であるということだ。

 

物語はいたってシンプルで、残虐な野武士たちに村を襲われそうになった百姓たちが、毎日の食糧の保証を条件に6人の凄腕の浪人(と、もう1人、腕は立たないがめっぽう明るく、侍に強い憧れを抱く野人のような男・菊千代=三船)を雇い入れ、野武士と死闘を繰り広げるというものだ。

 

百姓たちが浪人たちを集める序盤、浪人たちが百姓たちを鍛えながら最初の戦闘を迎える中盤、そして最終決戦が描かれる終盤という章立てになっている。

 

序盤では7人のキャラクター紹介が、中盤では村人と浪人たちの交流がそれぞれユーモラスになされるなど、それぞれに見せ場が用意されているため、3時間以上の長丁場でも全く飽きが来ることなく、一気にラストまで行ってしまう。

 

そして、ラストの野武士との死闘は、壮絶の一言に尽きる。

 

猛烈な雨が叩きつける中、野武士の一団が村になだれ込んでくる。

 

迎え撃つ7人のリーダー・勘兵衛(志村)は野武士たちを村の中にあえて入らせ、これを取り囲んで一気に殲滅(せんめつ)するという策に出る。

 

視界がさえぎられるほどのおびただしい雨、足元さえおぼつかなくなるほどにぬかるんだ地面、泥だらけになりながらの凄惨な斬り合いが展開されていく。

 

雨という背景の劇的な効果、綺麗で美しいシルエットではなくボロボロに汚れた姿が実は格好が良い上に迫力が出るという発見、そして型にとらわれない実戦さながらの殺陣の迫力……今ではエンターテインメント表現の常識とも言えるこれらの演出は、全て本作から始まったものだった。

 

そしてその映像は、ただ古典というだけでなく、今もなお全てのエンターテインメント表現の頂点に君臨し続けている。

 

【ソフト】
東宝(ブルーレイディスク、DVD)

 

【配信】
アマゾンプライムビデオ、DMM.com、dTV、Google Play、iTunes、U-NEXT、TSUTAYA、スカパー!オンデマンド、ひかりTV、ビデオマーケット
(2020年5月現在)

 

※アマゾンプライムビデオ は、アマゾンプライムビデオ チャンネルの登録チャンネル「時代劇専門チャンネルNET」「シネマコレクションby KADOKAWA」「+松竹」「d アニメストア for Prime Video」「JUNK FILM by TOEI」「TBS オンデマンド」を含んでいます。

 

●この記事は、6月11日に発売された『時代劇ベスト100+50』から引用・再編集したものです。

春日太一が厳選! いま配信で見たい時代劇

春日太一(かすがたいち)

1977年、東京都生まれ。時代劇・映画史研究家。日本大学大学院博士後期課程修了(芸術学博士)。撮影所や俳優などの取材をもとに、日本の映画やテレビドラマを研究。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『時代劇な死なず! 完全版 京都太秦の「職人」たち』(河出文庫)、『すべての道は役者に通ず』(小学館)、『時代劇入門』(角川新書)など多数。
関連記事

この記事の書籍

時代劇ベスト100+50

時代劇ベスト100+50

春日太一(かすがたいち)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

時代劇ベスト100+50

時代劇ベスト100+50

春日太一(かすがたいち)

RANKINGランキング