シリア難民の集まる国境沿いにあった売春街(後編)【書籍発売記念特別公開】丸山ゴンザレス
丸山ゴンザレス『世界の危険思想~ヤバイ奴らの頭の中~』

bw_manami

2019/05/28

殺人犯、殺し屋、強盗、武器商人、マフィア……。世界には、様々な「悪いやつら」が確かに存在する。仕事だから作業のように人を殺す。縄張りに入った奴はすべて排除する。一般的に言われる「常識」とは相容れない生活を続ける彼らの頭の中とは、一体どうなっているのだろうか? そんな疑問に、日本や海外の裏社会、スラム街などの危険地帯を10年以上取材し続けてきたジャーナリスト・丸山ゴンザレス氏が迫ってきた当サイトでの連載が、さらに新たな「危険思想」エピソードを加え、光文社新書『世界の危険思想~悪いやつらの頭の中~』として2019年5月に出版されました! それを記念して、加筆部分の一部を特別公開。まだ私たちの知らない世界との出会いがここにあります。

 

 

シリア難民が集まった場所(2)

 

いざ開けてみると、別段変わったところもない小部屋があった。奥のほうに人の気配がする。

 

「こんにちは」

 

日本語で声をかけると人が出てくる。老婆と表現して差し支えないしわくちゃな女性が出てきた。彼女は英語が話せないようで、こちらが外国人であることがわかると拒絶しているような感じで追い出しにかかる。抵抗しても仕方ないので、こちらも外に出る。

 

この感じが何軒か続いた。よく見たら、難民グループの連中も追い出されているようだったので、自分だけではないという気持ちにはなったが、まったく相手にされないと、さすがにメンタルが挫けそうになった。それでも折れないのが、プロの取材者なのかもしれないと思う。

 

実際、諦めないと福音がもたらされることもあるのだ。あらためて入った売春宿で、英語が話せる中年女性と会ったのだ。

 

「日本人です。システムを教えてください」

 

このチャンスを逃すものかと、自分が客であると英語でアピールをした。ついでに日本人であるという意味のないアピールもした。これに効果があったのかわからないが、彼女は説明してくれた。

 

「うちは普通のプレイしかないよ。ノーマルセックス」

 

予想外のことを言われると理解ができない。

 

「それでいいですよ」

 

「あなたは、中国人?」

 

「日本人です」

 

「そうなんだね。最近、ムスリムの客が乱暴に女の子を扱うんだよ。アナルセックスを強要してくるんだ」

 

この言葉で腑に落ちた。先ほどの「ノーマル」の意味がわかったのだ。この女性にもう少し説明を聞いて、あらためて来るからと言いながら外に出た。

 

この日、ホテルに戻ってあらためてネットで検索すると、かなりの数の売春情報が出てきて、しかも私が訪れたエリアが売春街であることも確認できた。私が知った情報を整理すると、わずかな会話のなかに問題点が集約されていた。

 

イスラム教の性に関する部分を簡単にまとめると、基本的に婚前交渉は禁止である。宗派や地域によっては初夜のあとに血のついたシーツを親族に見せなければならないルールもあるのだという。それでも例外というのはあるもので、外国人を相手にした場合はカウントされないと解釈したり、なかにはアナルセックスはセックスに含めないという考え方もある(同性を相手にしたアナルセックスは禁止されている)。

 

つまり、「外国人だしアナルだし、婚前交渉だけどOKだよね」ということだ。

 

店の人の反応を見ていると、そういう考えの一部の人がこの売春街で問題を起こしたのかもしれない。その結果、難民、ムスリム、アナルセックスを結びつけてしまうことで、偏見が生まれてしまったように思う。

 

性に関する考えは、かなりヒステリックに広まっていくように思うのだ。

 

私が出会った難民たちは、大半は気のいい若者だった。彼ら全体が危険な考えを持っているとされるのは、非常に残念である。

 

ともあれ宗教によるルールというのは、他宗教の者にとって、よくわからないから危機感をふくらませる要素になりがちである。同じ構造は宗教だけでなく、習慣の違いから生み出されることもある。

 

私が出会ったなかで、衝撃を受けた性にまつわるいくつかの危険な考え方を紹介してみようと思う。

世界危険思想

丸山ゴンザレス(まるやま・ごんざれす)

1977年、宮城県生まれ。考古学者崩れのジャーナリスト・編集者。無職、日雇労働、出版社勤務を経て、独立。著書に『アジア「罰当たり」旅行』(彩図社)、『世界の混沌を歩くダークツーリスト』(講談社)などがある。人気番組「クレイジージャーニー」(TBS系)に危険地帯ジャーナリストとして出演中。
関連記事

この記事の書籍

世界の危険思想

世界の危険思想悪いやつらの頭の中

丸山ゴンザレス(まるやまごんざれす)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

世界の危険思想

世界の危険思想悪いやつらの頭の中

丸山ゴンザレス(まるやまごんざれす)

RANKINGランキング