【人生相談File26】10代のころから病弱なのは、前世で悪いことをした報いでしょうか?
魂がほっと安堵するまさよのWEB人生相談

 

10代のころから病弱なのは、前世で悪いことをした報いでしょうか?(40代・Tさん)

私は10代のころから病弱で、10年ほど前には胆嚢摘出手術を受けました。ここ数年はお腹の調子が悪く、非常にしんどい思いをしています。病院の薬も漢方もさほど効果がなく、宗教団体や霊能者、占いなどにも多くの時間とお金を使いましたが、体調はいっこうによくなりません。これは、何か前世で悪いことをして、その報いを受けているからなのでしょうか。

 

あるいは運の悪い星のもとに生まれたのか、カルマが一斉に噴き出しているのか……。いまはかろうじて非常勤の仕事をしていますが、心身ともに疲労困憊です。何かアドバイスをいただけますか?

 

【回答】

あなたは生まれつき病弱ですけれど、それは何か原因があるからではないですね。

 

カルマとか前世の報いだとか、そういうふうに思わないことです。あなたは、もともと胃腸が弱いですね。少しストレスを抱えたり疲れたりするとすぐ腸にくるのでしょう。だけどね、被害者になることはもう止めましょうね。

 

あなたは体力はないかもしれませんが、不幸ではないですね。

 

あなたの目には、周囲の同年代の人たちがみんな元気そうに、しあわせに見えるかもしれませんが、決してそんなことはないですよ。

 

40代になると誰しも、大なり小なり体力が落ちて疲れやすくなりますし、みんな何かしらの病気を持っていて、あなただけではないですね。

 

人はね、「もっとこうだったら、もっと違う人生だったのに」とついそう思ってしまいます。

 

だけどね、そういったことを今生の嘆きを、前世に結びつけて考えるのはやめましょう。そう考えたところで、何も変わらないのなら、もうそういうふうに考えないことですね。

 

まずあなたが病弱で生まれてきたことを、あなたがもう許してあげてください。あなたがあなたを、もうどうか勘弁してあげてください。

 

「もう少し健康だったら、人生は変わっていたかもしれない」と思うあなたの無念を、あなたがあなたを責めることをまずは止めてあげてください。

 

あなたはもう充分に悔やんで、悩んできたではありませんか。

 

病弱な体で頑張ってきたのですから、なんて自分はすごいのだと、そう思われてください。

 

そしてね、あなたは一度でも、ご自分の体に感謝をしたことはありますか?

 

病弱でもあなたの大切なお体なのですから、どうぞ一度だけでも、あなたの体に労わりの言葉をかけてあげてくださいね。 自分の身体を責める気持ちがなくなると、自ずと体力は少しずつでもついてくると思います。

 

【メッセージ】

病気でも何でも、何か悪いことがあると、何か前世や因縁と結びつけて考えたくなる人が多いですね。
祓って拝んで何かが変わるのなら、世の中とっくの昔に変わっていることでしょう。
40代だから、50代だからダメなのではなくて、もうダメだと思う心に、人はまいってしまうのでしょうね。

この記事を書いた人

まさよのWEB人生相談

まさよ

魂カウンセラー
幼少のころより、不思議なもの視たり聴いたりする体験を重ねる。ある日、大きな光に包まれる経験をし、見えない世界のしくみを知る。その1年後、不思議な存在からのお告げにより、OLから霊能カウンセリングの仕事に転身。東北地方を中心に、チャネリング&透視リーディング教室の講師を4年半務める。現在は、神様からのメッセージや、神様とつながって人生を輝かせる方法を、ブログや著書を通じて伝える日々を送っている。

まさよオフィシャルブログ
「愛しているよ 大好きだよ」
https://ameblo.jp/itigomicanuri/
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング