ゴジキが振り返る2010年代の高校野球(2016年春)
お股ニキ(@omatacom)の野球批評「今週この一戦」

BW_machida

2020/08/19

新型コロナウイルスの影響で中止となった今年の春のセンバツ、夏の甲子園。代替案として「甲子園高校野球交流試合」が開催されることになりました。高校野球ロスを取り戻すために、お股クラスタの1人でもあるゴジキ氏(@godziki_55)に2010年代の高校野球界を振り返ってもらうプレイバック企画。

 

 

2016年春のセンバツ 優勝:智弁学園(奈良、初優勝)

 

快挙のセンバツベスト4入り!打力型チームの秀岳館

 

この年のセンバツは智辯学園が優勝し、準優勝は高松商だった。だが、最も注目度が高かった高校は(絶対王者の大阪桐蔭でもなく)、秀岳館だったのではないだろうか。
大阪にあるオール枚方(現・枚方ボーイズ)で指揮をとっていた鍛治舍巧監督が率いる秀岳館、この年のメンバーは9人中7人がオール枚方出身であった。

 

秋の九州大会で優勝し、明治神宮大会にも出場。好投手の藤嶋健人を擁する東邦に2対4で敗れたものの、全国でも戦える自信を抱いたに違いない。
待ちに待ったセンバツでは、初戦で大会屈指の好投手である高橋昂也を擁する花咲徳栄と対戦。先制を許したものの、3回に持ち前の打力で高橋昂也を攻略し、打線の軸である九鬼隆平のタイムリーを含む一挙5点を奪う試合展開に持ち込んだ。投手陣も、堀江航平を5回まで投げさせて田浦文丸、有村大誠を起用する小刻みな投手リレーで1点差を逃げ切り、6対5で勝利した。

 

2回戦の南陽工戦では、持ち前の打力を思う存分に発揮した。初回から松尾大河のホームランなどで8点を奪い、投手陣も余裕のある展開に。川端健斗に甲子園のマウンドを経験させた上で勝利した。

 

準々決勝も花咲徳栄の高橋と同様に、左腕で好投手の早川隆久を擁する木更津総合との対戦。この試合も盛り上がった。木更津総合は、この大会で高山優希を擁する大阪桐蔭に勝利した実力校でもある。

 

試合展開は秀岳館から見たらこれまでとはうって変わり、投手戦となった。
秀岳館は、4回に先制を許したものの、それ以降は凌いでチャンスを待っていた。9回二死まで追い込まれた秀岳館だったが、粘りを見せて広部就平が同点タイムリーを放ち、堀江がセンターの頭を超えるタイムリーで逆転サヨナラ勝ちした。

 

準決勝は、明治神宮大会覇者の高松商。秀岳館とは対照的にここまで派手さはなかったが、試合運びの巧さで勝ち上がりを見せていた。
この試合もタフな内容となった。秀岳館は先制を許すものの、6回に持ち前の集中打で追いつく。その後はお互い譲らず、延長に縺れる試合展開になり、11回に突入。ここで秀岳館は失策などで一瞬の隙を突かれ、勝ち越しを許す。その裏に同点のチャンスを作るものの、高松商業の固い守りの前に力尽き敗退した。

 

くじ運も比較的よくはなかった秀岳館だったが、好投手を打ち崩した上での勝ち上がりには素晴らしいものがあった。

 

好投手揃いの大会に

 

このセンバツ大会では、多くの好投手がいた。上述した花咲徳栄の高橋昂也、木更津総合の早川隆久と言った左腕や東邦の藤島健人はもちろんのこと、創志学園の高田萌生も非常に評価が高かった。
高田は2年秋に岡山県大会と中国大会の合計9試合に登板し、79イニングを完投して優勝に導いた。センバツでもトップクラスの球速を記録し、投球スタイルやフォームから「松坂二世」とも称されていた。
2016年のドラフトで巨人に入団し、楽天へ移籍したが、今後の活躍が期待される投手なのは間違いない。

 

お股ニキ(@omatacom)の野球批評「今週この一戦」

お股ニキ(@omatacom)(おまたにき)

野球経験は中学の部活動(しかも途中で退部)までだが、様々なデータ分析と膨大な量の試合を観る中で磨き上げた感性を基に、選手のプレーや監督の采配に関してTwitterでコメントし続けたところ、25,000人以上のスポーツ好きにフォローされる人気アカウントとなる。 プロ選手にアドバイスすることもあり、中でもTwitterで知り合ったダルビッシュ有選手に教えた魔球「お股ツーシーム」は多くのスポーツ紙やヤフーニュースなどで取り上げられ、大きな話題となった。初の著書『セイバーメトリクスの落とし穴』がバカ売れ中。大のサッカー好きでもある。
関連記事

この記事の書籍

セイバーメトリクスの落とし穴

セイバーメトリクスの落とし穴マネー・ボールを超える野球論

お股ニキ(@omatacom)(おまたにき)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

セイバーメトリクスの落とし穴

セイバーメトリクスの落とし穴マネー・ボールを超える野球論

お股ニキ(@omatacom)(おまたにき)

RANKINGランキング