アダルトメーカー営業女子「あるある」 ついつい合コンで〇〇してしまう!?【オナホ売りOLの日常 vol.10】
オナホ売りOLの日常

bw_manami

2019/07/29

 

アダルトメーカー勤めゆえに

 

マンガには描かれていない“あるある”ですが、私生活、とくに飲み会で、エロい話ばかりしてしまいます。合コンをセッティングする女友達が「“大人のおもちゃ”の会社にいる子だから!」と、事前に相手に言ってしまうのです。ひどいときは、社名も、更新しているツイッターアカウントのことも言ってしまう。悪気はないんだけどね……。

 

そうすると、男性からも「アダルトメーカーの人ですよね?」と遠慮気味に聞かれます。ほとんどの男性はオブラートに包んで聞いてくれますが、たまに「プライベートでどんなAV観るんですか?」と下ネタをぶっこんでくる殿方も。

 

そういう方には、「何観ても仕事モードになりますね」とかわしつつ、逆に「AV観ますか?」と聞きます。その人の好みのAV女優や作品をヒアリングし、それをもとに「その子が好きなら、この子はどうですか?」「こっちの子も好きじゃない?」「ここのメーカーの好みかも?」とAVをご案内。わたしのAV案内は、通販サイトの「あなたにおすすめの商品はコチラ」以上の精度です、きっと。

 

普段、店舗の人と話すことは多いですが、AVを観るお客さんの意見を聞くことは多くありません。そのため、普通の男性はこの女優さんのことを知っているんだ、この子はちょっと知られてないんだなとか、発見があります。

 

アダルトグッズも同様で、下ネタトークが始まったら、「そういうプレイをするなら、このグッズ人気ですよ」とか「ここのショップ、品揃えいいですよ」とか、エログッズの紹介をしちゃいます。

 

エロに興味はあるけど、商品の情報を知らない、どうやって買ったらいいか分からない、という方もいらっしゃいますから、そういった方が、ハードルを越えるきっかけになっていたら嬉しいですね。

 

この前も、飲み会であった人が「教えてくれた店舗、行きましたよ」と事後報告してくれました(笑)。しかし、こんな話ばかりしていると「AVマニアの変な人」と認定され、どんな合コンも恋愛には発展しません。悲しいですよね。

オナホ売りOLの日常

文:堀江もちこ(ほりえ もちこ) マンガ:菅原県(すがわら けん)

この連載は…
大人のおもちゃメーカーで働く営業職OLの日常を、マンガとエッセイでつづります。
「どんな仕事をしているの?」「エロいことばかりしてるの?」などのよくある質問にお答えしつつ、日々、オナホを売る中で感じたことなどをつらつらとお届けします。

文:堀江もちこ(ほりえ もちこ)
AVやアダルトグッズを制作・販売する株式会社トータル・メディア・エージェンシー(TMA。グッズ部門の名称はタマトイズ)の営業担当。勤続3年目。営業以外にパッケージのライティングやコスプレをすることもある。推しの自社商品は「もぎゅっと!HUGボディ」「俺専用中出し肉便器」。好きなAV女優はあべみかこ。
ツイッター @CO_mochi_mochi
ブログ http://mochi-mochi.hateblo.jp/

マンガ:菅原県(すがわら けん)
マンガ家・イラストレーター。2004年、集英社主催のギャグ漫画新人賞年間グランプリを受賞。その後、「週刊ヤングジャンプ」で連載デビュー。雑誌、Web、書籍などで幅広く活動中。主な作品に『モンスターOLうるみ』(マイナビニュース)、『Mr.上から目線』(LINEスタンプ)などがある。
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング