アダルトメーカーの営業女子が「売れてる商品」を紹介します!【オナホ売りOLの日常 vol.12】
オナホ売りOLの日常

bw_manami

2019/07/31

 

取り扱い商品

 

弊社のグッズ部門「タマトイズ」のメイン商材のひとつが「“おとこの娘”向けコスチューム」。“おとこの娘”というのは、外見が女の子のような男性のことで、弊社ではデザインは女性向け、大きさは男性サイズという衣装を「“おとこの娘”向け」として販売しています。

 

ブラジャー、ショーツ、セーラー服など馴染みのあるものから、お尻がくり抜かれた競泳水着など際どいものまでさまざま。「これは何に使うんだろう……?」というきわどいコスチュームも結構たくさんあります。

 

たとえば、男性器の竿部分につける商品は、「こんなに必要か?」と思うくらい種類が豊富です。レースだったり、シリコンだったり、なぜか可愛いリボンがついていたり、だいたい2~3か月に1回はちんこを飾るなにかが発売されています。

 

あ! 最近はマグネットがついた商品も発売されました! マグネットパワーで力がみなぎるみたいです。「こんなの売れるの?」って思いながら営業しているのですが、売り上げ票を確認すると、商品によっては数千と売れているんですよね。店舗に行くと、「新作入れると、なくなるんですよ」と言われます。「スーツ姿のダンディな男性が、可愛いリボンつきリングを買っていたよ」なんて話を営業中に聞くこともあります……。

 

しかも、ちんこに付ける商品のほぼすべてのパッケージに描かれているのが、可愛い“おとこの娘”のイラスト。立派なちんこの生えた美少女がどーん。悩ましそうに立派なちんこを見せつつ、そのちんこには可愛いレースやシリコンリングがついている、というのが定番のデザインです。「パワーみなぎる」とか書いているのに、すごく可愛い“おとこの娘”の絵なんですよ。

 

マッチョな男性のパッケージも昔はあったようなのですが、あまり売れずちんこの生えた美少女に落ち着いたみたいですね。入社当時は違和感があったのですが、最近は、見慣れてきました。これを読んでいる方の同僚や上司も、パンツのなかではリボンをつけているかもしれませんよ。

オナホ売りOLの日常

文:堀江もちこ(ほりえ もちこ) マンガ:菅原県(すがわら けん)

この連載は…
大人のおもちゃメーカーで働く営業職OLの日常を、マンガとエッセイでつづります。
「どんな仕事をしているの?」「エロいことばかりしてるの?」などのよくある質問にお答えしつつ、日々、オナホを売る中で感じたことなどをつらつらとお届けします。

文:堀江もちこ(ほりえ もちこ)
AVやアダルトグッズを制作・販売する株式会社トータル・メディア・エージェンシー(TMA。グッズ部門の名称はタマトイズ)の営業担当。勤続3年目。営業以外にパッケージのライティングやコスプレをすることもある。推しの自社商品は「もぎゅっと!HUGボディ」「俺専用中出し肉便器」。好きなAV女優はあべみかこ。
ツイッター @CO_mochi_mochi
ブログ http://mochi-mochi.hateblo.jp/

マンガ:菅原県(すがわら けん)
マンガ家・イラストレーター。2004年、集英社主催のギャグ漫画新人賞年間グランプリを受賞。その後、「週刊ヤングジャンプ」で連載デビュー。雑誌、Web、書籍などで幅広く活動中。主な作品に『モンスターOLうるみ』(マイナビニュース)、『Mr.上から目線』(LINEスタンプ)などがある。
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング