こんなオナホ知っていますか? アダルトメーカーの営業女子が変わった商品を紹介します!【オナホ売りOLの日常 vol.14】
オナホ売りOLの日常

bw_manami

2019/08/02

 

オナホールとは

 

生首オナホールは、弊社のオナホールとしてはぜんぜん普通なほうです。耳の穴に入れるオナホール、足の裏にあいた穴に入れるオナホール、最近は洋式トイレ型の「俺専用中出し肉便器」という商品も発売されました。「肉便器」と聞いて本当の便器を想像する人いないと思うんですけどね……。

 

そんな商品をいくつも出しているせいか、「タマトイズ=おかしなオナホールばかりつくるアダルトグッズメーカー」みたいなイメージが定着しつつあります。

 

2018年の春、「Re:Play-Cup」というカップホールを発売しました。スタイリッシュなデザインと、洗って何度でも使えるという機能性を兼ね備えた、おしゃれで使える、万人受けしそうなカップホール。しかし、アダルトサイトのライターさんに、「え? これがタマトイズ? どうしたの?」と驚かれ、さらには「タマトイズらしくない」と記事になってしまう。普通のオナホールを作って驚かれる弊社って……。

 

変なオナホールを販売するという弊社のイメージは、業界外にも広まっているようですね……。先日、サブカル好きな同級生と会った際、今の仕事の話をすると、「おまえの会社、タマトイズなの!?」と大爆笑され、「あの変なホールつくる会社だよね、おもしろいよね」と、誉めているのか、けなしているのか、分からないことを言われました。まさか、社名を言っただけで笑われる日が来るなんて……学生時代は考えもしなかった。

 

笑いのネタにされるような会社ですが、オナホールは主力商品のひとつで結構マジメにつくってます。おかしな商品もたまにありますが、大半が実用性重視。つまり、男性が気持ちよくオナニーできることを一番に考えてつくったホールなんです。

 

数年前に、自社工場もつくり、最近は、社内で企画・生産すべて行っている商品も増えつつあります。素材にこだわり、オナホール特有のにおいも少なく、売れ行きもいいのですけど……そういう商品より、便器型ホールのほうが話題になるんですよね(笑)。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング