アダルトメーカーの営業女子が販促のためにやっている意外なこととは?【オナホ売りOLの日常 vol.20】
オナホ売りOLの日常

bw_manami

2019/08/12

■これも販促

 

秋葉原の駅前のセルビデオ店に行ったら、店の前の道路沿いにドーンっとわたしのポスターが!! マンガで描かれたままの出来事がありました。

 

実は、あのポスターの裏面には単体AV女優(※)さんのイベント案内が貼ってあるのです。有名女優さんと同じ扱いをしてもらって恐縮です。こんな扱いをしてもらえたのは、弊社タマトイズの販売するTシャツ「たまT」があったからです。

 

近年、AVメーカーさんの中には映像以外の事業を始めるところも出てきています。オナホールやローションなど成人向けの商品を出すところが多いのですが、Tシャツやパーカーなど一般のアパレル商品を販売するメーカーもあります。

 

弊社も、「タマトイズSHOP」と呼ばれる旗艦店限定で、「たまT」を販売中。タマトイズのパッケージを描くイラストレーターさんがデザインした絵を、全面グラフィックプリントで印刷しています。

 

質はいいのですが、絵柄が美少女なので、「これ着られるの?」とよく言われます。営業行った店舗でも「着られる?」と、困った顔をされたので、「着られますよ! わたし着ますよ!」と、勢いで言ってしまった……。「わたし似合いますからPOPにしていいですよ!」と、なんかこう言ってしまったんですよね。売りたいという気持ちが前にでて……。

 

それで、会社近くの神田川沿いの河原で、美少女のイラストがプリントされたTシャツを着て写真を撮りました。通り過ぎる人が振り返る。これは羞恥プレイじゃないの? 

 

美少女イラストのTシャツは、最初こそ恥ずかしかったのですが、何種類もを着て撮影するうちに慣れてきました。これはこれでいい。意外にオシャレだ! 神田川沿いで堂々とポーズをとるわたし。楽しい撮影を経て、素敵なPOP用写真が撮れました。

 

今では、普通に着て電車にも乗っています(店舗イベントの際など)。Tシャツの上にパーカーを羽織り、チャックは上まで閉めますが。

 

※単体AV女優……特定のメーカーと専属出演契約をしたAV女優の総称。専属単体とも呼ぶ。販売数を見込める場合のみ専属契約されるため、トップAV女優だけが単体になれる。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング