一之輔、21人抜きの大抜擢【第45回】著:広瀬和生
広瀬和生『21世紀落語史』

21世紀早々、落語界を大激震が襲う。
当代随一の人気を誇る、古今亭志ん朝の早すぎる死だ(2001年10月)。
志ん朝の死は、落語界の先行きに暗い影を落としたはずだった。しかし、落語界はそこから奇跡的に巻き返す。様々な人々の尽力により「落語ブーム」という言葉がたびたびメディアに躍るようになった。本連載は、平成が終わりを告げようとする今、激動の21世紀の落語界を振り返る試みである。

 

2011年1月から「週刊ポスト」(小学館)で、僕の『噺家のはなし』という連載コラムが始まった。内容は例によってお勧め落語家ガイドで、南伸坊さんが落語家の似顔絵を描いてくれたのだが、その連載5回目にして早くも僕は一之輔を取り上げ、「既に『人気真打』を思わせる風格がある」「『未来の大看板』と呼ぶに相応しい器の持ち主」と書いた。

 

当時、落語家ガイドを書くに当たって、僕の中で「白酒・三三・一之輔」は同じような位置づけにあった。と言っても白酒は2005年、三三は2006年に真打になっていて、2004年に二ツ目になった一之輔とのキャリアの開きは大きい。それを一括りにするというのは、例えて言うなら1900年生まれの六代目三遊亭圓生、1902年生まれの三代目桂三木助と1915年生まれの五代目柳家小さんを「昭和の名人」として一括りにする感覚に近い。

 

当時の一之輔は、いわば「スーパー二ツ目」とでも言うべき存在だった。2011年には「もう一之輔は真打でいいんじゃないのか」という空気が落語ファンの間で広がっていた。

 

だが落語協会では2010年6月に柳家小三治が会長に就任して以来、まだ新真打は1人も作られていなかった。香盤では一之輔の上に21人もの「待機組」の二ツ目がいる。当分の間、一之輔は「スーパー二ツ目」であり続けるのだろう……そう思っていた。

 

だが驚くことに、2011年9月15日付で落語協会より「2012年春に春風亭一之輔が単独で真打昇進」との発表があり、協会のホームページには小三治会長が一之輔を横に置いて「新真打推薦の弁」を述べる動画がアップされた。単独での真打昇進は2003年秋の古今亭菊之丞以来。一之輔は21人抜きの大抜擢ということになる。

 

通常、真打内定は披露目の1年前で、一之輔の「半年前」というのは異例のことだが、この決定は大英断だった。「21人抜きの大抜擢」にはニュースバリューがあったし、なんといっても「小三治のお墨付き」である。落語界を活性化させるには絶好の話題となったのは間違いない。

 

都内の寄席5軒での一之輔の真打披露興行は、2012年3月下席の上野鈴本演芸場(夜の部)を皮切りに、4月上席新宿末廣亭(夜の部)、4月中席浅草演芸ホール(昼の部)、4月下席池袋演芸場昼の部、5月中席国立演芸場(昼興行/18日のみ昼夜)と、50日間行なわれた。披露目での一之輔の全演目は以下のとおり。

 

<上野鈴本演芸場>

3/21『粗忽の釘』

3/22『百川』

3/23『薮入り』

3/24『茶の湯』

3/25『明烏』

3/26『花見の仇討』

3/27『子は鎹』

3/28『あくび指南』

3/29『不動坊』

3/30『長屋の花見』

 

<新宿末廣亭>

4/1『竹の水仙』

4/2『あくび指南』

4/3『らくだ』

4/4『百川』

4/5『初天神』

4/6『雛鍔』

4/7『花見の仇討』

4/8『子は鎹』

4/9『くしゃみ講釈』

4/10『茶の湯』

 

<浅草演芸ホール>

4/11『長屋の花見』

4/12『短命』

4/13『鈴ヶ森』

4/14『粗忽の釘』

4/15『百川』

4/16『蛙茶番』

4/17『代脈』

4/18『あくび指南』

4/19『茶の湯』

4/20『初天神』

 

<池袋演芸場>

4/21『明烏』

4/22『不動坊』

4/23『子は鎹』

4/24『青菜』

4/25『短命』

4/26『百川』

4/27『大山詣り』

4/28『らくだ』

4/29『茶の湯』

4/30『粗忽の釘』

 

<国立演芸場>

5/11『初天神』

5/12『鰻の幇間』

5/13『青菜』

5/14『子は鎹』

5/15『明烏』

5/16『薮入り』

5/17『茶の湯』

5/18(昼)『へっつい幽霊』

5/18(夜)『らくだ』

5/19『五人廻し』

5/20『粗忽の釘』

 

大初日と大千秋楽は十八番の『粗忽の釘』。大初日に『粗忽の釘』を演ると決めたのは当日の仲入り前、大千秋楽は「大初日と同じ噺を」と予め決めていたそうだ。

 

(この項続く)

21世紀落語史

広瀬和生(ひろせかずお)

1960年生まれ。東京大学工学部卒。ハードロック/ヘヴィメタル月刊音楽誌「BURRN! 」編集長。落語評論家。1970年代からの落語ファンで、年間350回以上の落語会、1500席以上の高座に生で接している。また、数々の落語会をプロデュース。著書に『この落語家を聴け! 』(集英社文庫)、『落語評論はなぜ役に立たないのか』(光文社新書)、『談志は「これ」を聴け!』(光文社知恵の森文庫)、『噺は生きている』(毎日新聞出版)などがある。
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング