声優・小林清志と羽佐間道夫が相見える! 草創期の吹き替え秘話
大野裕之『創声記-日本を話芸で支える声優たち-』

脚本家・映画研究家の大野裕之さんと声優・羽佐間道夫さんが、スターたちの肉声から「声優」の歴史に迫っていく「創声記」インタビュー。今回は『ルパン三世』シリーズの次元大介、ジェームズ・コバーンやリー・マーヴィンの吹き替え、数々のナレーションのお仕事でお馴染みの小林清志さんです。吹き替え初期の貴重な秘話から、大御所お二人の演技論まで、テキストからバリトンヴォイスが聞こえてくるような、目にも耳にも嬉しい対談となりました。前後編の全2回でお届けします。

 

 

俺のことミッキーなんて言ってくれるのは、もういないんだよ

 

羽佐間 写真撮ってもいいの?

 

小林 嫌だけど、こうやってミッキーと、久しぶりに会って話しているところを遠目でね。

 

羽佐間 俺のことミッキーなんて言ってくれるのは、もういないんだよ。おまえと若山弦蔵ぐらいしか。

 

小林 あ、ゲンちゃんどうしてるの?

 

羽佐間 ゲンちゃんと一緒に仕事しているよ。俺たちもう最後だなと思われて、慌てて今使っておこうとする人たちが増えてきてるの(笑)。

 

小林 ああ、そうか(笑)。じゃあ、手を握っているところの写真を。

 

羽佐間 今の最高のショットだ(笑)。

 

出会いは千田是也演出・ブレヒト『ガリレオ・ガリレイ』

 

小林 本当に久し振りだもんなあ。懐かしいわ。

 

羽佐間 小林清志氏と私が最初に出会ったのは芝居なんですよ。清志ってね、古武士みたいな顔をしてたの、昔から。

 

小林 ああ、そう?

 

羽佐間 なんでも真っ直ぐな人だった。それで楽屋でメイキャップするところで隣同士だったんだけど。あれ、俳優座だったよな。

 

小林 千田是也先生演出のブレヒトの『ガリレオ・ガリレイ』だ。

 

羽佐間 あなたは泉座から、俺は中芸から、それぞれ客演してた。そこが一番最初の出会いだったんじゃないかなあ。

 

小林 そうだったなあ。『ガリレオ・ガリレイ』は、長いこと上演したね。

 

羽佐間 半月ぐらいやって。そこに集まってくるメンバーというのが、もう亡くなったけど佐藤慶だとか、小松方正とか。

 

小林 悪い奴ばっかり(笑)。

 

羽佐間 悪い奴ばっかりがズラッと並んで。旅公演にも行ったんだよな。

 

小林 行きましたね。日大芸術学部出た後かな、在学中かな。

 

羽佐間 日芸では宍戸錠さんやケーシー高峰さん、歌舞伎の嵐徳三郎さんと同期なんだよね。

 

小林 そう。

 

——そうそうたるメンバーですが、同期で芝居を作ったりしましたか?

 

小林 一緒に活動したことはないね。一度、宍戸君と演技実習でご一緒しました。飯沢匡先生の喜劇『還魂記』をやりました。

 

旅公演に行ったのは、その後、本田延三郎が作った国民文化研究所という所に行ってた頃かな。木村功とか湯川れい子さんとかそういう連中がいた。

 

羽佐間 その頃、泉座は三島雅夫さんがいらっしゃったの?

 

小林 三島さんは、俺が入ったときにはいらっしゃらなかった。玉川伊佐男さんがいましたね。

 

羽佐間 ああ、タマちゃん。

 

小林 泉座も、お宅の東京芸術座と一緒で、ちょっと進歩的というかアカなんですよ。それで入りましたら、総会で「この帝国主義の手先め!」とかね(笑)。

 

羽佐間 大変な所に入ったと(笑)。

 

小林 俺も芯は左翼だけど、そこまで頭に血がのぼるタイプではなかったからね。それで結局劇団は分裂したわけ。そういうわけで、その当時の控えの連中は私たちと同じようにみんな新劇座のほうに。

 

羽佐間 ほとんどそうだった。放送劇団か、新劇なんだよ。なぜかというと、みんな飢えているもんだから。安く使えるというんで、来る奴みんな入れたんだよ。

 

小林 俺たちはほんとにアルバイトしたり、ほとんど食えねえやつらばっかりだから。なっ?

 

羽佐間 新劇の役者なんて食えないし。めしを食えたのは、やっぱりアテレコのおかげだね。

 

小林 そうかもしれないな。

 

羽佐間 アルバイトしかなかったものね。サンドイッチマンとか。

 

小林 学徒援護会というのが、九段下にあってね。そこへ行くと掲示板にいろいろバイトがあるんだよ。当時は1日五〇〇円から七〇〇円だったな。俺なんかよくやったのは、地下鉄工事ね。新大塚から池袋までは、まだできてなかったんだ。それで、新大塚から潜って、線路をエッサエッサ運んで置いて、また運んで。それが1日五〇〇円だったよ。

 

創声記_小林清志編

著:大野裕之 監修:羽佐間道夫

【大野裕之】

脚本家・日本チャップリン協会会長

チャップリン家の信頼もあつく、国内外のチャップリン公式版Blu-rayを監修。羽佐間道夫氏発案の「声優口演ライブ」の台本を担当する。著書『チャップリンとヒトラー』(岩波書店)で2015年第37回サントリー学芸賞受賞。映画脚本家としては、2014年『太秦ライムライト』で第18回ファンタジア国際映画祭最優秀作品賞受賞。


【羽佐間道夫】

1933年生。舞台芸術学院卒。劇団中芸を経て、『ホパロング・キャシディ』で声優デビュー。以来、声優の草分けの一人として数多くの名演を披露。代表作に、シルヴェスター・スタローンを吹き替えた『ロッキー』シリーズほか、チャールズ・チャップリンの『ライムライト』、ディーン・マーティン、ポール・ニューマン、ピーター・セラーズ、アル・パチーノの吹き替えなど多数。2008年、第2回声優アワード功労賞受賞。


写真= 大場千里/光文社

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング