レジェンド声優が互いを語る! 野沢雅子と羽佐間道夫(#3)著:大野裕之
創声記-日本を話芸で支える声優たち-

脚本家・映画研究家の大野裕之さんと声優・羽佐間道夫さんが、スターたちの肉声から「声優」の歴史に迫っていく「創声記」インタビュー。野沢雅子さんに聞く第3回は、声優草創期から活躍するお二人が互いについて語り合います! 初めての共演、長い共同生活での思わぬエピソード、敬意と信頼……必見の第3回。

 

 

初めての共演は……

 

――お二人が声優の世界で初めてご共演なさったというのは、いつ頃なんでしょうか。

 

羽佐間 外国映画はちょっとよくわかんないんだけど、アニメではずっと後期ですね。僕は「鉄腕アトム」ももちろん出てるけど、すれ違ってるし。

 

野沢 その頃のアニメは二人とも全部出てるんだけど、一緒にやったのは…

 

羽佐間 「ど根性ガエル」か何かで一緒になったというのは記憶がありますけどね。「巨人の星」には出てた?

 

野沢 「巨人の星」は飛雄馬の幼少の頃。

 

羽佐間 やっぱり少年なんだ(笑)。速水とは対決してないんだ(編集注:速水=速水譲次、「巨人の星」で羽佐間さんが演じたキャラクター)。

 

実写映画での夫婦生活

 

――他に共演なさったのは?

 

羽佐間 実写映画で一緒になったことがあります。夫婦役で。福島で長いことロケに行ったね。

 

野沢 そうそうそう。

 

羽佐間 全国農村映画協会っていうところの、ある作品で、営林署(現在の森林管理署)の役人の夫婦役で。福島の春夏秋冬の風景をバックにしながら、話が進んでいく。だから何回も汽車で通ったんだよね。
営林署員だからオートバイで山を回るんです。で、カミさん役のマコを後ろへ乗せて回ってる時に、砂利道で滑って転んだんです。えらいことになってしまったと思って、「マコ大丈夫か?」っていったら、この人ほんとは、重傷を負っていたと思うんだけど、「大丈夫よ」って。スタッフに負担をかけないように撮影を続行した。その時にすごい人だなあと思いました。その思いが、未だに残ってます。

 

――大丈夫だったんですか?

 

野沢 今だから言えますけど、全部痣になってました、ダーって、すりむけて。心配かけちゃいけないからね、やっぱりお仕事だから。

 

羽佐間 そういうことで一年間春夏秋冬通って撮影してたんですよ。それが彼女との本当の意味での初共演というかな。

 

――その時に印象的なことは?

 

野沢 山の中でキノコ採ったりしてね。帰って来て、旅館で料理してもらうんです。でもね、毒キノコもあったみたい(笑)。

 

羽佐間 それをね、俺に食わせようとして。

 

野沢 してないよ(笑)。

 

――全然映画の撮影エピソードとかじゃなくて。

 

羽佐間 生活になっちゃってる。

 

野沢 そう。

 

羽佐間 あれって、何歳ぐらいだっけ。僕が30ぐらいかな。

 

野沢 もうちょっと若かった。

 

羽佐間 マコの年に合わせるよ(笑)。

 

野沢 いくつだったか忘れたけど、若かった(笑)。

 

羽佐間 声優では、まだお互いに地位があったわけじゃなかったけど、でもお互い知ってたね。

 

野沢 うん、知ってた。外国映画か何かで一緒にやってたんだね。

創声記_野沢雅子編

著:大野裕之 監修:羽佐間道夫

【大野裕之】

脚本家・日本チャップリン協会会長

チャップリン家の信頼もあつく、国内外のチャップリン公式版Blu-rayを監修。羽佐間道夫氏発案の「声優口演ライブ」の台本を担当する。著書『チャップリンとヒトラー』(岩波書店)で2015年第37回サントリー学芸賞受賞。映画脚本家としては、2014年『太秦ライムライト』で第18回ファンタジア国際映画祭最優秀作品賞受賞。


【羽佐間道夫】

1933年生。舞台芸術学院卒。劇団中芸を経て、『ホパロング・キャシディ』で声優デビュー。以来、声優の草分けの一人として数多くの名演を披露。代表作に、シルヴェスター・スタローンを吹き替えた『ロッキー』シリーズほか、チャールズ・チャップリンの『ライムライト』、ディーン・マーティン、ポール・ニューマン、ピーター・セラーズ、アル・パチーノの吹き替えなど多数。2008年、第2回声優アワード功労賞受賞。


写真= 髙橋智英/光文社

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング