ハシゴ酒天国「新橋駅前ビル」【後編】
酒場ライター・パリッコのつつまし酒

専門店のとんかつをつまみに

 

前回、大好きな新橋駅前ビルについて書いていたら、なんと1号館の地下1階の話だけで文字数が尽きてしまいました。今回はその続きで、1号館1階から。

 

1階もまた、たくさんの飲み屋や飲食店が並ぶエリア。中でも実力、インパクトともにトップクラスなのが、「立呑み とんかつ まるや」でしょう! だってもう、店名だけで魅力的すぎるでしょ? 「立ち飲み」で「とんかつ」ですよ?
実はここ、同じフロアにあるとんかつ屋さん「まるや」が数年前に始めた立ち飲み屋。つまり、先にとんかつありきで立ち飲み屋がスタートしているというわけで、そのクオリティーは折り紙つき。とんかつをはじめとした各種の揚げ物が名物で、それらが目の前でジュワーっと揚がってゆく様を眺めながら、揚げたてのとんかつにドボドボとソースをかけてそれをほおばりながらお酒が飲めてしまうという、夢のようなお店なんです。しかも「ロースカツ」1枚のお値段がなんと400円という、立ち飲みならではのリーズナブルさ! やばいっしょ? ここに来ると毎回何を頼むか迷い尽くしてしまうんですが、どうしても注文せずにはいられないのが「c&cメンチ」(450円)。え?「c&cって何?」って? はは。やだなぁ。「カレー&チーズ」のことに決まってるじゃないですか! 専門店の揚げたてメンチを熱々の鉄皿に乗せ、そこにたっぷりとカレーソースをかけ、さらにとろ~りチーズを乗せた、だ~れも嫌いな人がいないやつ!

 

 

1号館2階に隠れた名店あり

 

さて、2階へ上ってみましょう。これまでとはうってかわって、どこか閑散とした雰囲気。飲食店の数も多くはないのですが、ここにもいくつかの名店が、静かに営業中なのです。

 

老舗の中華屋「ビーフン東」は、その名の通り「ビーフン」が名物という珍しいお店。もうひとつの看板メニューは「中華ちまき」で、どちらも派手な料理ではないけれど、具沢山で丁寧な美味しさ。かの池波正太郎先生も愛したという名店であり、新橋駅前ビルの幅広さを体現する一店です。

 

「旅人」は、日本酒に惚れ込んでしまった韓国人のママが経営する、これまた珍しい飲み屋さん。ママも常連さんもテンション高めで、いつもわいわい盛り上がっているイメージ。好みを伝えればあれこれおすすめを教えてもらえ、飲み比べセットなどもあるのでお酒に詳しくなくても大丈夫。おつまみメニューの、「冷奴」や「おしんこ盛り合わせ」と「チャンジャ」や「海鮮チヂミ」が並列にならぶごった煮感も楽しく、ついつい飲みすぎ、気づいたらけっこう酔っぱらっていた、なんてパターンも多数。

 

さらに、僕が新橋駅前ビルでもっとも、いや、新橋でもっとも愛していると言っても過言ではないお店が、「壹番館」。看板には「スナック」とあり、小さな入り口から漂う重厚さも手伝って、「会員制」という言葉すら連想させる雰囲気でありながら、入り口横の表示を見ると「飲み物(オール)300 おつまみ(オール)250」の文字。興味を持ち、思い切って入ってみた日の感動はいまだに忘れません。
客席と厨房を仕切るカウンターのみの細長く小さな店内。厨房側には上品で美人な女将さんとその娘さん。カウンター上には女将さんお手製の小皿料理が、ひとつひとつラップをかけられ、ずらりと並べてあります。いいなぁ、と思いつつ場所を決めると、僕目の前に、カットしたメロンが2切れ乗ったお皿がスッと登場しました。これ、女将さんのお客さんに対する、「わざわざ2階まで上がってきてくれたから」という気持ちからのサービス。その瞬間、僕の酒飲み心が完全に撃ち抜かれてしまったことは言うまでもないでしょう。
煮魚や焼き魚、旬の食材を使った一品料理など、本当にどれもこれも250円だとは信じられない料理の数々。これもまた、お店に来る人たちに、安くお腹いっぱいになってほしいという女将さんの優しさ。何を頼んでも家庭的でしみじみと美味しいんですが、肉がたっぷりすぎてほぼすき焼きな「肉豆腐」と、こちらもあとからあとから具材が発掘される「シチュー」のふたつが、僕の大定番となっております。

 

最ディープゾーンへ

 

いよいよ新橋駅前ビルの中でも最ディープゾーン、2号館へ行ってみましょう。飲食店があるのは地下1階。ここに初めて足を踏み入れた人は必ず「本当にビルの中?」と驚くことでしょう。そこはもう、完全に普通の飲み屋街。3本の狭い通路の両側にぎゅうぎゅうに小箱のお店が並び、夜になればどこを覗いても、楽しげに酔っぱらう常連さんたちの笑顔で溢れています。

 

2号館を代表する有名店といえば「立ち呑 こひなた」。なんと午前11時から営業していて、お酒は「酎ハイ」の240円から。おつまみは名物の「鮪ぶつ」をはじめ、基本全品200円という衝撃価格。一部高級品の「鯨刺し」や「馬刺し」でも300円。その他、日替わりのお手製家庭料理の大皿がカウンターに並び、そういうものを1、2皿とって、昼間っからここでだらだらと酔っぱらう時間には、他に代えがたい喜びがあります。

 

そして数年前にオープンし、僕がこのビルへ足を運ぶ理由のひとつとなってしまった「工藤軒」。L字カウンターに6人も人が入ればいっぱいになってしまう、本当に小さな立ち飲み屋さんなのですが、ここが個性的すぎる名店なんです。
僕がその存在を知ったのは、とあるカレーマニアさんからの情報でした。いわく、ここの牛煮込みが「スパイスカレーベースで絶品」とのことで、何それ気になる~! と、さっそく行ってみたところ、一発でとりこになってしまったんですよね。
噂の「牛2・5・3(にこみ)」(450円)は、確かに複雑かつ爽快なスパイスカレーっぽい味わい。だけどそれだけではなく、牛モツ自体の質が良くて、旨味たっぷりの脂とスパイスの相乗効果がたまらない! 長髪をひとつに束ね、一見コワモテ風でもある、寡黙な店主の工藤さん。話してみるとめちゃくちゃ穏やかで優しい方で、界隈の酒飲みたちの間では「新橋のスパイス王子」と呼ばれているとかいないとか……。

 

最後に、僕が最近一番はまっているお店のことを。店名を「圭の家」といい、前半の原稿で出てきた「圭」の店主のお母様が営まれている、小さな立ち飲み屋さんです。
通路との間に壁がなく、いきなりカウンター。超オープン。その映画のセットのような雰囲気がまず最高。おつまみはごく普通のものばかりなんですが、例えば「玉子焼」(350円)の横に「甘口・塩味」とあって、好きなほうを選べるといった、ちょっとしたホスピタリティが嬉しい。
先日ここで何気なく「月見なっとう」(280円)を頼んだんですね。小皿に納豆、卵黄、ネギ、 青ノリ、カラシというシンプルな構成。納豆はいかにも「パックからそのまま移しました」って感じで、四角い型がついたままです。これをよく混ぜ、一口食べてみたところ、こんな素っ気ない一品なのに、妙~にうまい。たぶん、味付けも付属のタレだけなんじゃないかなぁ。なのに絶妙。それぞれの具材の量的バランス、さらにシチュエーションの良さというバランス。全てが奇跡的な状態で合致し、単なる納豆が、まるでキラキラと輝いているかのように見えます。この一皿で、ホッピーセットとおかわりのナカ、余裕でいけちゃうんですよね。

酒場ライター・パリッコのつつまし酒

パリッコ

DJ・トラックメイカー/漫画家・イラストレーター/居酒屋ライター/他
1978年東京生まれ。1990年代後半より音楽活動を開始。酒好きが高じ、現在はお酒と酒場関連の文章を多数執筆。「若手飲酒シーンの旗手」として、2018年に『酒の穴』(シカク出版)、『晩酌百景』(シンコーミュージック)、『酒場っ子』(スタンド・ブックス)と3冊の飲酒関連書籍をドロップ!
Twitter @paricco
最新情報 → http://urx.blue/Bk1g
 
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

RANKINGランキング