• ケトン食ががんを消す

    古川 健司(ふるかわけんじ)

blitzkrieg-system

2017/11/30

◎世界初の臨床研究で実証!
◎末期がん患者さんの病態コントロール率83%。
※完全寛解、部分奏効を含む。
糖質の摂取を可能な限り0に近づける「がん免疫栄養ケトン食」。臨床医師自ら、その内容と驚異の研究結果を初公開!

がん細胞が主な栄養源としているのは、炭水化物から合成されるブドウ糖(グルコース)です。それも、正常細胞よりも3~8倍ものブドウ糖を取り入れなければ、生命活動を維持することができません。一方、正常細胞のほうはと言えば、ブドウ糖の供給が途絶えても、緊急用のエネルギーを皮下脂肪から作りだすことができます。このブドウ糖に代わる緊急用のエネルギーが、私ががん治療の鍵としている「ケトン体」という物質です。実は、私がタンパク質とEPAを強化した糖質制限食をがん治療の支持的療法に据えているのも、患者さんのエネルギー産生システムを、短期的に「解糖系エンジン」から「ケトン体エンジン」へと変えるために他なりません。それこそが、がん治療の成否を左右する重要な支持的療法になると考えたからです。

目次

  • プロローグ
  • 1章 ケトン食でなぜがんが消えるのか
  • 2章 がん治療に必要な栄養とは?
  • 3章 免疫栄養ケトン食とは何か?
  • 4章 免疫栄養ケトン食の効果をより高める方法
  • 5章 免疫栄養ケトン食の臨床研究結果
  • 6章 免疫栄養ケトン食の献立
  • おわりに
  • 著者紹介

    閉じる

    この記事の書籍

    ケトン食ががんを消す

    ケトン食ががんを消す

    古川 健司(ふるかわけんじ)
    関連記事

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    ケトン食ががんを消す

    ケトン食ががんを消す

    古川 健司(ふるかわけんじ)

    RANKINGランキング