• 外国人に正しく伝えたい日本の礼儀作法

    小笠原敬承斎

bw_manami

2019/01/22

日本を訪れる外国人観光客の数は右肩上がり。東京五輪の開催を控え、日本各地での長期滞在も予想され、国内で外国人と接する機会が増えている。

 

「おもてなし」という言葉も注目を集めたが、はたして私たちは、自信を持って海外の方をもてなし、日本の文化を正しく伝えることができるだろうか。

 

本書では、小笠原流礼法の宗家が、日本の文化やしきたり、日本人が大切にしている習慣や振る舞いについて、その真の意味から説き起こしながら解説。

 

日本人自身が文化や作法について学びなおし、自信と誇りをもって「日本のこころ」を伝えられるようになることを目指す。

目次

  • はじめに
  • 第1章 「清浄」の意識
  • 第2章 神社仏閣(寺社仏閣)での礼儀作法
  • 第3章 日本人のつき合い
  • 第4章 公共の場での礼儀作法
  • 第5章 和食の礼儀作法
  • 第6章 日本人の格好
  • 付録 【日本の年中行事】
  • おわりに
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    外国人に正しく伝えたい日本の礼儀作法

    外国人に正しく伝えたい日本の礼儀作法

    小笠原敬承斎

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    外国人に正しく伝えたい日本の礼儀作法

    外国人に正しく伝えたい日本の礼儀作法

    小笠原敬承斎

    RANKINGランキング