• 二十六人の男と一人の女

    ゴーリキー傑作選

    ゴーリキー/中村唯史訳

bw_manami

2019/02/28

社会の”どん底”で、這うように生きる人々の活力と哀愁。

 

100年の時を経て、いまこそ読まれるべき文豪の短篇集。

 

半地下の部屋で一日中パンを作らされている俺たちには、毎朝やってくる小間使いターニャの存在だけが希望の光だった。だが、伊達男の登場で……。底辺で生きる男たちの哀歓を歌った表題作、港町のアウトローの郷愁と矜持を生き生きと描いた「チェルカッシ」など、初期・中期の4篇。

目次

  • 二十六人の男と一人の女─ポエムー
  • グービン
  • チェルカッシ
  • 解説
  • 年譜
  • 訳者あとがき
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    二十六人の男と一人の女

    二十六人の男と一人の女ゴーリキー傑作選

    ゴーリキー/中村唯史訳

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    二十六人の男と一人の女

    二十六人の男と一人の女ゴーリキー傑作選

    ゴーリキー/中村唯史訳

    RANKINGランキング