• いまこそ、希望を

    サルトル×レヴィ/海老坂武訳

bw_manami

2019/03/01

自分とは? 自由とは? 友愛とは?

 

知の巨人・サルトルが残した最後のメッセージ。

 

1980年、サルトルの死と時を同じくして「朝日ジャーナル」に掲載され大反響を呼んだ対談の新訳。対談相手のレヴィは、鋭い批判でサルトル最晩年の思想に立ち向かう。生涯にわたる文学、哲学、政治行動などをふりかえりつつ、サルトルは率直に、あたたかく、誠実に、自らの全軌跡を語る。

目次

  • はじめに
  • 解説 Ⅰ
  • いまこそ、希望を
  • 原注と訳注
  • 解説 Ⅱ
  • 解説 Ⅲ
  • 年譜
  • 訳者あとがき
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    いまこそ、希望を

    いまこそ、希望を

    サルトル×レヴィ/海老坂武訳

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    いまこそ、希望を

    いまこそ、希望を

    サルトル×レヴィ/海老坂武訳

    RANKINGランキング