• 詩学

    アリストテレス

古代ローマのホラティウスからラシーヌ、ゲーテ、ニーチェ、ブレヒト、そして現代の映画監督まで。

 

2000年間クリエーターたちの必読書である「ストーリー創作」の原点。

 

「カタルシス」「模倣」の概念を用いて古代ギリシャ悲劇を定義し、ストーリー創作としての詩作の要になる「逆転」「再認」「受難」などについて分析した最古の芸術論。『詩学』の幻の喜劇論との関連が注目される『コワスラン論考』の全訳を、詳細な解説とともに付す。

目次

  • 訳者まえがき
  • 詩学 ストーリーの創作論
  • 解説 三浦 洋
  • 年譜
  • 訳者あとがき
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    詩学

    詩学

    アリストテレス

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    詩学

    詩学

    アリストテレス

    RANKINGランキング