• ソヴィエト旅行記

    アンドレ・ジッド André Paul Guillaume Gide

bw_manami

2019/03/11

「楽園」は看板倒れのディストピアだった……

平等な社会に思いを馳せ、共産主義に傾倒していた20世紀前半の知識人たち。ジッドもまた壮大な実験場となったソ連を嬉々として訪れたものの、旅行客向けに案内される綺麗な施設の裏には……作家は透徹した目で、服従と順応を強いる体制、人々の貧しさ、官僚の欺瞞を看破していく。

自らも熱烈に支持した理想国家への失望を、作家として誠実に綴った紀行文。

著者紹介

閉じる
関連記事

この記事の書籍

ソヴィエト旅行記

ソヴィエト旅行記

アンドレ・ジッド André Paul Guillaume Gide

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「本がすき」を

この記事の書籍

ソヴィエト旅行記

ソヴィエト旅行記

アンドレ・ジッド André Paul Guillaume Gide

RANKINGランキング