• 協力と裏切りの生命進化史

    市橋伯一(いちはしのりかず)

agarieakiko

2019/03/14

生命を最も特徴づけるものは「進化」である。

著者は試験管内で生命を模したシステムを構築することで
生物の起源と進化を研究している。

 

生命とは“やっかい”なもので、「勝手に増えてどんどん変わっていく」のだと著者は説明する。

 

ただ、進化が起きるのはある条件があった。

 

40億年にわたる生命の歴史において、「協力」と「裏切り」がなければ単細胞生物からヒトへとつながる進化は起きなかったのだ――。

 

進化生物学の最新研究による「私たちの起源」と「複雑化の過程」。

目次

  • 第1章 生命とはなにか
  • 第2章 ヒトへと至る協力の歴史
  • 第3章 協力を維持するしくみ
  • 第4章 私たちは何ものなのか
  • 著者紹介

    閉じる
    関連記事

    この記事の書籍

    協力と裏切りの生命進化史

    協力と裏切りの生命進化史

    市橋伯一(いちはしのりかず)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで「本がすき」を

    この記事の書籍

    協力と裏切りの生命進化史

    協力と裏切りの生命進化史

    市橋伯一(いちはしのりかず)

    RANKINGランキング